臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

84d0f8722f57952cd0cb39518f567b22_s
1: バカは氏んでも名乗らない 2017/09/10(日) 06:30:41.42 ID:???
深夜、真っ暗な畑から「ヒーン」という鳴き声。
のぞくと馬小屋から脱走したポニー5頭がのんびりと草を食べていた―。

7日午後11時すぎ、八重瀬町伊覇の住民から「ポニーが歩いている」との通報が糸満署にあった。
自由を手に入れたポニーたちは自ら馬小屋に戻る午前6時半まで約7時間、“深夜徘徊(はいかい)”を満喫した。

ポニーは畑のサトウキビや雑草を食べたり、寝そべったり。署員はその間、ポニーが歩道や車道に出ないよう注意を払い、見守った。
夜が明け始めた午前6時ごろ、ポニーが丘の上にある馬小屋に戻ると、署員が柵を閉め“お縄”となった。

ポニー所有者の男性は「(丘の下にある)柵を乗り越えたかもしれない。もう出ないよう、たずなで縛るようにしたい」と反省。
署員は男性を口頭で注意したといい「しっかり管理してほしい」と疲れ顔だった。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-571539.html
https://ryukyushimpo.jp/archives/002/201709/6d0a732f240e43ba8f01915b884689af.jpg

hurricane-92968_640
1: ニライカナイφ ★ 2017/09/13(水) 20:10:54.09 9
八月末に米テキサス州湾岸部を襲ったハリケーン「ハービー」。
暴風と洪水による被害は今も続き人々を苦しめているのですが、複数のキリスト教聖職者らが「ハリケーンの原因は同性愛者にある」と説明しています。

正当長老教会のケビン・スワンソン牧師は、前代未聞とまで呼ばれるハリケーンが起きた理由について「ヒューストン市にはゲイの市長がいるから」と発言。
「アメリカが(同性愛を認めるというい)過ちを悔い改めない限り、滅びてしまうだろう。これは、イエス・キリスト様のメッセージである」とも訴えています。

実はこのような牧師の主張は珍しいものでもありません。
キリスト教徒のラジオ番組司会者・リック・ワイルズさんも、ハリケーンは同性愛者により引き起こされた”神の怒り”だとコメントしていました。

***********
<海外の反応>

頭イカれてるwwwww

ワロタ、どこからどうツッコんだらいいんだこれ?

↑つっこむ場所なんか決まってるでしょ(。>?<。)

やべぇ!同性愛者って天候を自由自在に操る超魔術を使えたんか!

>ハリケーンはゲイの責任
なら干ばつが深刻な西海岸にはなぜハリケーン来ないんだ?
一体何本のソーセージを食べれば雨が降るというのだ、まったく

いや、ハリケーンシーズンに起きたことですし(困惑

そうだ!同性愛者を山火事が起きてる地域に移動させてみよう!
***********

同性愛者が本当にハリケーンを引き起こしたのでしょうか。
メディア評論家のアン・コルターさんは「私はヒューストンがゲイを市長に選んだことで『神から罰を受けた』とは思いません。
しかし、俗に言う”気候変動”よりかは信憑性を持つ説明だと考えます」とコメント。

また同性愛者であることをオープンにした、アニーズ・パーカー前市長もこの議論に参戦。
「私が天候に対してスーパーパワーを持っていることは秘密だったのに!なぜバレたの!!」とユーモア溢れる返答をしています。

***********
<海外の反応>

前市長の”タワゴトに付き合ってやってる感”好き(笑)

2017年にもなって、何事も神を出してくんのやめろよなw

こういう聖職者のせいで、
私のキリスト教への信仰心が揺らぐわ。。。

こういう主張は本当にイヤ

こういう頭オカシイ人間は一定数いるもんだ。
数年前日本が津波に襲われた時、地球から異教徒を排除したって理由で神に感謝している女ユーチューバーがいた

↑なにそれ・・盲信者マジでヤバイだろ・・・
***********

神の怒り(笑)

http://yurukuyaru.com/archives/72567497.html

74ebcd0af66da71599428e69581527d8_s
1: みつを ★ 2017/09/15(金) 10:22:15.53 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3142986?cx_position=1

【9月15日 AFP】国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」の指導者だった故ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者の息子で後継者と目されているハムザ・ビンラディン(Hamza bin Laden)容疑者が14日、シリアにおける「十字軍」およびイスラム教シーア派(Shiite)との「聖戦」に加わるよう世界中のイスラム教徒に呼び掛けた。

 ハムザ容疑者は14日、イスラム過激派の放送網を通じて録音日不明の音声を公開し「シリアの大義は世界中のムスリムコミュニティーの大義である」と述べた。

「シリアの人々が十字軍、シーア派、国際的な武力侵攻に抵抗できるようにするために、ムスリム――すべてのムスリム――は彼らと共に立ち上がり、彼らを支持し、彼らに勝利をもたらさなければならない」

「手遅れになる前にシリアの人々を支援するためには、迅速かつ真剣で組織化された運動を続け、気を緩めてはならない」

 20代半ばのハムザ容疑者は、2011年5月に米特殊部隊によって父ビンラディン容疑者が殺害されて以来、アルカイダの看板として活動している。

 米国は1月、ハムザ・ビンラディン容疑者を「国際テロリスト」に指定している。(c)AFP

2017年9月15日 10:11 発信地:ベイルート/レバノン

国際テロ組織「アルカイダ」の最高指導者だった故ウサマ・ビンラディン容疑者の息子ハムザ・ビンラディン容疑者。中東の衛星テレビ局アルジャジーラが放送した動画より(2001年11月7日作成)。(c)AFP/AL-JAZEERA
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/1/700x460/img_51d8bad4797348a34d606ebefd73fff2146529.jpg

このページのトップヘ