臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

ダウンロード (9)
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/04/09(月) 21:08:56.98 ID:KYPBYKjP0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
クレジットカードや電子マネーなどで支払うキャッシュレス決済が日本でなかなか広がらない。主要国では非現金決済の比率が5割を超える中、日本は2割にとどまる。
政府はカードの利用が多い訪日客の購買機会を逃したり利便性を損ねたりしかねないと懸念している。
経済産業省では「現金主義」からの転換に向け、税優遇や補助金を創設する案が浮上している。

■決済2割止まり

 国際比較ができる2015年で、現金を使わない決済の…

キャッシュレス後進国ニッポン 経産省テコ入れへ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2915758009042018EE8000/

ダウンロード (8)
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [EG] 2018/04/09(月) 10:45:06.75 ID:C+mdCldD0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
排気量125cc免許の取得負担軽減が現実のものとなりそうだ。警察庁は4月9日から5月8日まで、必要な改正についての意見募集を実施する。

警察庁は、道路交通法の施行規則の一部を改正することで、コスト負担を軽減する方向で意見募集を開始する。
免許取得に必要な教習の要件は変えない。改正が実施されると、取得のための期間が最短2日になる。教習所が対応すれば、
週末の土日で免許取得が可能だ。

いわゆる原2免許(=第二種原動機付自転車)の運転には、道路交通法上の「普通二輪免許(小型限定)」の取得が必要だ。
50cc原付免許と違って、自動二輪車の免許区分になるため、わずか75ccのランクアップではあるが、取得のための日数や費用などの
コストが格段に重くなる。ただ、乗車できるバイクの車格は、50ccバイクとほとんど変わらず、職務上50ccバイク特有の
制限速度30km/hや二段階右折などの規制を回避するために取得する人が多かった。そのため二輪車ユーザーや関係団体が、
免許取得のコスト軽減を求めていた。

https://response.jp/article/2018/04/06/308221.html
https://response.jp/imgs/p/Fy2StOQW6cvCvzPSvU6fgoRNGkG1QkNERUZH/1293422.jpg
https://response.jp/imgs/p/Fy2StOQW6cvCvzPSvU6fgoRNGkG1QkNERUZH/1293423.jpg

9940623c
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [GB] 2018/04/09(月) 19:48:49.31 ID:GJlgTm3e0 BE:479913954-2BP(1931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
上海で刺激受けた5人の高校生「中国人は革新的」「街にエネルギー」

中国人学生の案内で上海理工大学のキャンパスを歩く研修の参加者ら(3月29日、河崎真澄撮影)

 産経新聞社が主催する第50回産経「高校生文化大賞」(森ビル、ナショナル・ベンディング、DICグラフィックス協賛)で最優秀賞と優秀賞を獲得した日本の高校生5人が
3月末から5日間、研修として中国上海市を訪れた。5人は「経済が成長しきったのに、それでもまだ発展してるって感じ」などと、初めて訪れた中国の姿に驚きを隠さなかった。

 学習院女子高等科に通う東京都の岩崎菜々さんは、「私の未来は、なに色?」と題した作文で、家族内での自分の心の葛藤と、それを乗り越えた日のことを率直に描写し、優秀賞に選ばれた。

 岩崎さんは上海の街を闊歩(かっぽ)する人の波を見て、「日本人は保守的で、中国人は革新的なんだって思いました」と話した。良くも悪くもエネルギッシュで、過去のしがらみにとらわれそうもない中国人の未来志向を肌で感じたようだ。

 他の4人の日本人高校生とともに訪問した上海理工大学の日本文化交流センターでは、中国人大学生と水餃子を皮から作り、学食でおかずも買って一緒に食べた。
日本語を流暢(りゅうちょう)に話す学生との触れ合いで、岩崎さんは「大学に入ったら私も海外に留学したい」と考え始めた。将来は心理学を勉強して、臨床心理士を目指すという。

 ぎこちない手つきで水餃子を作った最優秀賞の京都府立鴨沂(おうき)高校、村田大知君は「色彩にみちた世界は美しい」と作文に書き、千利休のぼだい寺として知られる京都の聚光院(じゅこういん)に小僧として住み込んでいる自分の姿をつづった。

 自分の目で中国の「今」を確かめた村田君は、「先入観で貧しい国だと思っていた。負の側面ばかり見ていた」と少し反省した。「街も人も東京並みか、それ以上だ」と言った。京都の伝統を愛する気持ちから、「中国の古都も訪ねてみたい」と思い始めた。

続く
http://www.sankei.com/smp/world/news/180408/wor1804080001-s1.html

このページのトップヘ