臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

11518781475T0094001
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/02/19(月) 21:52:56.67 ID:sl686Au60 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
http://www.nitei.net/s_bbs/20180216/1/1518781475/11518781475T0094001.jpg

お笑いタレントの江頭2:50さん(52)が平昌冬期五輪の会場へ応援に駆け付けていたと、ツイッターで話題になっている。

「北朝鮮美女応援団の近くでポーズをとる江頭2:50」――。そんな一文とともに、江頭さんとされる写真と動画が拡散した。
はたして本人なのか。所属事務所の担当者はJ-CASTニュースの取材に「先週、会場へ行っていたようです」と明かした。

https://www.j-cast.com/assets_c/2018/02/news_20180219192332-thumb-autox380-132322.jpg

https://www.j-cast.com/2018/02/19321582.html?p=all

マキタのBluetoothスピーカー「MR200」
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [EU] 2018/02/19(月) 09:51:57.18 ID:KmC2AEAN0 BE:723460949-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
マキタのBluetoothスピーカー「MR200」は音も仕様も構造も斜め上

 あのマキタがBluetoothスピーカーを売っている。型番は「MR200」。例に
よって電動工具用のリチウムイオンバッテリーを使う、青緑色の強そうな
やつだ。建設会社の会社員である私は、うちの現場でどうだろうと、編集部
経由でメーカーから広報機材を貸していただいた。この製品をオーディオ
専門店で見たことはないが、工具などを扱うモノタロウでなら普通に買える
(1万1772円)。そこがまず気に入った。

 ちなみに同社からはコーヒーメーカー(CM500DZ)、ラジオ(MR050、MR051、
MR052、MR102、MR103、MR106、MR107、MR108)、ロボット掃除機(RC200DZ)
など、家電系機器が数多くラインナップされている。いずれも電動工具
メーカーの製品という意外性から、ネット民の間では評判だ。
 もちろんメーカーとしては「あのマキタがまたwwwww」のようなウケを
狙っているわけではない。電動工具メーカーとしての現場感覚から「どこで
誰が何の目的で使うのか」を企画として明確に打ち出せるため、家電メーカー
のマーケティングから生まれた製品とは一線を画す。そこがおもしろい。
 そしてオフロード走行を目的とした四輪駆動車を街で使ってもいいように、
マキタの製品を一般の家電として使ってもいいはずだ。実際、この製品には
実用に即した作り込みがいくつも見られ、機能的なデザインには惚れ惚れする。
おまけに音もいい。現場やガレージだけでなく、インドアアウトドア夏冬問わず
使える携帯スピーカーの決定版だとさえ私は思っている。(略)
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634175/

【画像】
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634161/00_588x.jpg
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634166/05_500x374.jpg
http://ascii.jp/elem/000/001/634/1634171/10_500x374.jpg

死亡宣告を受けた女性が棺桶の中に閉じ込められる
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [KR] 2018/02/19(月) 20:29:39.86 ID:odb61PVw0 BE:887141976-PLT(15001)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
ブラジルの女性が死亡宣告を受けて棺桶の中で、11日も生きていたというとんでもない事件が起きた。

1月28日、ブラジル北東部に住む37歳の女性サントスは敗血症性ショックを起こし病院に搬送されたが、
その後に心臓発作で死亡した。

医師から死亡宣告を受けた女性の家族は、次の日に遺体を故郷に移したあと、葬儀を行った。
家族は遺体を石で作られた棺桶に入れ、市立墓地に埋葬。

このあと信じられないことが起きた。市立墓地近くの村住民が時々墓場で、謎の音を耳にして、
音の出所がサントスの墓であるという事実を突き止めた。

家族が連絡を受けてサントスの墓に訪れたのは11日が経過した2月9日のこと。

死亡宣告を受けたサントスの額と手は傷だらけで、サントスの割れた爪が棺桶の隅々に発見された。
そればかりか血痕も残っていた。またサントスの体は少し前まで生きていたかのようにぬくもりがあったのだ。

家族は死亡宣告を受けたサントスが実は生きており自ら脱出を試みたのではないかと思った。
サントスは再び病院に再搬送されたが、時既に遅く、医師はサントスに死亡宣告を下した。

サントスの家族は「最初の死亡宣告を下した医療スタッフに誤りがあったが、法的措置は取らない」と述べた。

今回の事件は土葬ならでは起きた事件で、火葬を行う国ならそれこそもっと怖いことになっていただろう。

http://gogotsu.com/archives/37394
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2018/02/001-26.jpg

このページのトップヘ