臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

中央道で235キロ 検挙例で過去最高速
1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2018/03/01(木) 12:43:30.45 ID:6gXVtHxT0● BE:886559449-PLT(22000)
sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
道交法違反容疑>中央道で235キロ 検挙例で過去最高速

 中央自動車道を235キロで暴走したとして、警視庁交通執行課は1日、東京都世田谷区世田谷1、会社員、
白井良宗容疑者(41)を道路交通法違反(速度超過)容疑で逮捕した。同課によると、スピード違反で
検挙されたケースとしては、過去最高速度という。

 逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分ごろ、東京都国立市の中央自動車道で、法定速度を
135キロ上回る235キロで乗用車を運転したとしている。白井容疑者は容疑を否認しているという。

 同課によると、白井容疑者はモンスター級スポーツカーと呼ばれる米国車「チャレンジャー」
(排気量6400CC)を運転。車の前ナンバーを外して走行していたが、速度違反自動監視装置
(オービス)に映っていた写真から白井容疑者を割り出したという。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273843

PIC-20161021154541
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [EG] 2018/03/01(木) 23:49:25.55 ID:Rqb5hw1p0 BE:837857943-PLT(16930)
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
http://www.appps.jp/wp-content/uploads/2018/03/2018030103top.jpg

なんでもかんでもスマホのせいにしちゃうのもねぇ…どうなんですかねぇ…。

今回、「スマホ認知症」の症状を持った若者が増えているというニュースが入ってきました。

一体どんな症状で、原因はなんなのでしょうか?

スマホのせいで認知症に?

日テレNews24によると、いま働き盛りの若者たちの間で「スマホ認知症」が増えているとのこと。

なんでも患者の30%が40~50代、そして10%が20?30代という認知症を専門とするクリニックもあるそうですよ。

患者の10人に1人が20~30代とは…確かに普通では考えられないですよね(((;゚Д゚)))

http://www.appps.jp/wp-content/uploads/2018/03/doctor.jpg

「スマホ認知症」の症状は、

●物忘れ
●感情のコントロールができない
●自分らしさを失う

といった認知症やうつ病と同じ症状で、これが長く続けば本当のうつ病になってしまったり、老後の認知症の危険性も高まってしまうのだとか…。

では一体なぜ「スマホ」がこのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。

脳が健康な状態を保つためには、「情報を脳に入れること」と「その情報について考えること」をバランスよく行うこと。

しかしスマホが登場してからは「情報を脳に入れること」ばかりが増え、情報過多になってしまっているのだとか。

そのため脳が過労状態になり、上述した症状が現れてしまう…ということのようです。

ただし、「自宅でパソコンを使う時間が1時間伸びると(記憶に深く関係する)海馬が増えていく」と、デジタル機器を適切に使うことによって、
認知症を予防できる可能性があるとの研究結果もあります。

http://www.appps.jp/287248/

wst1803010092-p1
1: スレロンダ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [DE] 2018/03/01(木) 20:37:16.85 ID:SE3hE+u90 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
岐阜聖徳学園大などの研究グループは1日、岐阜市の男性が平成24年に近所の畑で拾った石が、鉄とニッケルの合金でできた隕石の一種「鉄隕石」だったと発表した。国内で隕石が確認されたのは16年以来、14年ぶり。発見場所にちなみ「長良隕石」と名付けられた。

国立極地研究所などによると、隕石は太陽系形成初期の約45億年前にできたと考えられ、これまでに世界で約5万8千個が見つかっているが、うち鉄隕石は約2%と珍しい。
鉄隕石が国内で発見されたのは昭和13(1938)年以来という。分析した東京大の三河内岳准教授(惑星物質科学)は「太陽系の歴史を刻んだ化石。貴重な試料だ」と話している。

見つかった鉄隕石は、縦約15センチ、横約20センチ、高さ約15センチで重さ約6・5キロ。表面はさびて茶褐色をしているが、分析のために切断した断面は黒光りしている。

岐阜市の会社員、三津村勝征さん(74)が平成24年10月ごろ、同市長良宮口町の畑を手入れした際、周りの石とは違う光沢があったことなどから自宅に持ち帰り、しばらく床の間に飾っていた。

29年6月に新聞で見た隕石の写真と似ていたため、博物館や知人に相談。東京大や国立極地研などが成分を調べた。

研究グループは、5月に千葉市で開かれる学会で成果を発表する予定。
鉄隕石は、3月2日から6月末まで岐阜市科学館で展示される。

http://www.sankei.com/west/news/180301/wst1803010092-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/180301/wst1803010092-p1.jpg

このページのトップヘ