臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

taimuzu
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/09(土) 12:21:17.02 ID:aozRd9Je0● BE:284093282-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
http://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S13266003.html

カーシェアは、店頭で手続きせずに使える手軽さが人気だ。最大手パーク24の「タイムズカープラス」は、10月末時点で全国1万カ所に2万台を展開する。5年前と比べ拠点数は3倍、車両台数は4倍、会員数は6倍に増えた。

 ホンダは13年11月から都内で実験的にカーシェア事業を始めた。約90カ所に計約140台を置き、1万1千人の会員がいる。

 トヨタ自動車は個人間のカーシェア事業を手がける米ベンチャーに出資し、実証実験を進める。

 日産もホンダも、カーシェアには「一押し」のモデルを提供している。幅広い客層にまず使ってもらい、販売につなげるねらいだ。

 パーク24が8日に発表したアンケートでは、レンタカーやカーシェアでのデートが「問題ない」と答えた割合が、20代は52%にのぼる。(青山直篤)

ソース 朝日新聞
レンタカー会社のやった提灯アンケートでこれだからなw
実態はさらにクルマナシニューソクミンにとって残酷な結果となるだろうよ

9
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/09(土) 17:40:04.46 ID:6StKCyuW0● BE:284093282-2BP(2000)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000061-mai-soci

◇容疑者の弟が動機つづる 事件直前に投函、氏子らに届く

東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)らが殺害された事件で、
富岡さんを殺害した後に自殺した弟の元宮司、茂永容疑者(56)が事件直前に
投函(とうかん)したとみられる手紙が、富岡八幡宮の氏子らに届いていたことが分かった。
富岡さんへの不満などがつづられており、事件の動機を氏子らに訴える意図があったとみられる。
 
手紙は氏子の自宅に9日昼ごろまでに届いた。白い封筒にA4用紙8枚が入っていた。
封筒の裏に「前富岡八幡宮宮司 富岡茂永」とスタンプが押されていた。

手紙は「ご関係の皆様」と始まり、「約30年に亘(わた)り続きました、富岡家の内紛について、
その真相を此処(ここ)にお伝えさせて頂きます」としたうえで、富岡さんや父親(故人)らへの
不満や批判が記されていた。

手紙の最後には、富岡八幡宮の関係者に対し、富岡さんの永久追放などを求め、
「もし、私の要求が実行されなかった時は、私は死後に於(お)いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、
怨霊(おんりょう)となり、私の要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟(たた)り続けます」
などと述べていた。



【茂永容疑者が書いたとみられる文章】
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/12/09/20171209hpj00m040054000q/9.jpg?1

a2de9_1351_e93e1cb5_8bd886fd
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/09(土) 23:45:45.52 ID:aozRd9Je0● BE:284093282-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
【12月9日 AFP】米南西部アリゾナ州のホテルで武器を所持していなかった男性を撃ち殺害した警官に対し、陪審団は7日、無罪の評決を下した。

 米紙USAトゥデー(USA Today)によると、フィリップ・ブレイルスフォード(Philip Brailsford)被告は昨年1月、同州のホテルの廊下でダニエル・シェーバー(Daniel Shaver)さん(26)を殺害し、第2級殺人などの罪に問われていたが陪審は無罪の評決を下した。

 一方、同州当局はこの事件に関連して8日、武器を持っていない男性がすすり泣きながら命乞いをした後に、無罪となった警官に射殺される様子を捉えた映像を公開した。

 評決の後に公開されたこの映像は、警官が装着していたボディカメラで撮影されたもの。殺害された当時、結婚していて2人の子どもがいたシェーバーさんはひざまずき、数分間にわたって警官の指示に従いながら「撃たないで、撃たないで」と懇願している。
酔っていたシェーバーさんは、おそらくズボンを引き上げようとしたのか、背後に手を伸ばすように見えたところで、ブレイルスフォード被告がアサルトライフル「AR15」から5発の銃弾を撃っている。

 米国で問題となっている警官によるアフリカ系住民の殺害事件とは異なり、この事件は双方が白人だった。地元メディアが報じた警察の報告によると、フェニックス(Phoenix)郊外のホテルの5階の部屋で男が銃を持っているという通報に対応し、複数の警官が駆け付けた。

 後に、撃たれたときにシェーバーさんは武器を持っていなかったことが判明した。警官らは部屋で空気銃を発見したが、これはシェーバーさんが有害生物の駆除の仕事で使用していたものだという。またシェーバーさんは出張で現場のホテルに宿泊していたという。

 USAトゥデーによると、ブレイルスフォード被告が勤務時携帯用の銃に「くたばれ」という言葉を彫り入れていた事実について、裁判長は先入観を持たせる可能性があるとして陪審員団が知ることを許可しなかった。(c)AFP

配信2017年12月9日 21:01
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3154820

このページのトップヘ