臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

ペンス氏s
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [RO] 2018/02/11(日) 10:40:00.87 ID:PdleRvhL0 BE:657261988-2BP(5000)
sssp://img.5ch.net/ico/hagurumaou_g32.gif
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/9/7902c_368_9d890ee2dc721f667fda2bd05f02db1e.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/14284883/

 韓国紙によると、重要ゲストであるペンス氏と安倍晋三首相は遅れて出席した。
しかもペンス氏は各国要人らと握手すると、席にも着かず、約5分で会場を後に
したという。

北朝鮮代表団の金永南最高人民会議常任委員長とは、握手さえしなかった。

 韓国大統領府は「ペンス氏は米選手団と会う約束があり、席も用意されて
いなかった」と説明した。大統領府が事前に公表した席順では、文夫妻の
隣で金氏と向かい合って座るはずだった。

米側は北代表団と鉢合わせないよう配慮を求めていた。韓国メディアは、
それでも文氏の演出で金氏と相席になることに拒否感を示したとの見方を伝えた。

男性のクサイ服
1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/02/11(日) 12:34:35.69 ID:QIX1JYwc0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
女性のストレス解消には男性の「クサい服」を嗅ぐのが一番?

男性の「臭い服」の匂いを嗅ぐことで、女性のストレスが軽減されることが、このほどある研究から明らかになった。
それが、恋人や夫の服であれば、効果はより高いという。だが、専門家は、「嫌いな男性の臭い服を嗅ぐと、逆に
ストレスが溜まるおそれがある」と注意を促している。台湾「中時電子報」の報道を引用して中国新聞網が伝えた。

研究結果を紹介した文章の概要は次の通り。

現代人が抱える学習や仕事上のストレスは非常に大きく、誰もが、ストレス解消や一息つくことを切望している。
たとえば、スパに行ったり、旅行に行くことなども優れた選択といえる。だが、最新研究では、女性の場合、男性の
「臭い服」の匂いを嗅ぐことも、ストレス解消に効果的であることが明らかになった。それが、恋人や夫の服であれば、
効果はより高いという。特に、遠距離恋愛中のカップルの場合、相手の服の残り香によって、愛情が「安心感」を
もたらしてくれるのだという。

遠距離恋愛を続けるために、男性の「臭い服」は「奥の手」となり得るのだろうか?カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の
研究チームは、このほど96組のカップルを対象とした実験を行った。

研究チームは、まず清潔なTシャツを男性の被験者らに渡し、制汗剤や香水を使うことを禁じ、煙草・濃い味の食べ物を
控え、24時間ずっとそのTシャツを着用するよう求めた。このTシャツに男性たちの「体臭」を浸み込ませた後、今度は
女性の被験者らに、「無臭のTシャツ」と「パートナーの体臭がついたTシャツ」、「見知らぬ男性の体臭がついたTシャツ」
の匂いをそれぞれ嗅いでもらった。

その後、研究チームは女性たちに、模擬面接やカメラと評価チームの前での暗算といったストレステスト、そして
アンケート調査を行った。また、女性被験者の涎のサンプルを採取し、涎に含まれる「ストレスホルモン」と言われている
コルチゾールの濃度を分析した。

その結果、「男性の体臭」を嗅ぐと、女性のストレスは効果的に軽減できることが判明した。

研究チームのMarlise Hofer氏は、「この研究から、女性が男性の体臭を嗅ぐと、ストレス解消の効果が得られることが
実証された。とくに、恋人や夫の汚い服の匂いを嗅ぐと、ストレス軽減効果はさらに高くなる」と話した。

だが、専門家は、「男性の臭い服なら何でも効果的という訳ではない。嫌いな男性の臭い服の匂いを嗅ぐと、逆に
ストレスが増大する恐れがある」と注意を促している。(編集KM)

http://j.people.com.cn/n3/2018/0112/c94475-9314909.html

big_main10001025_20170914181942000000
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/02/12(月) 03:44:17.03 ID:g9BBEUza0● BE:299336179-PLT(13500)
技術系人材派遣のアスパークが開発する電気自動車(EV)「OWL(アウル)」は、2017年のIAA(フランクフルトモーターショー)で世界から大きな注目を集めました。
静止状態から時速100キロメートルまで加速するタイムを競ういわゆる「0-100km/h(ゼロヒャク)」で、
公道を走れる市販車として世界最高を目指して開発されてきたOwlが、ついにゼロヒャク2秒の壁をぶち破りました。
https://gigazine.net/news/20180211-aspark-ev-project-3rd/

モンスターEV「アスパーク OWL」
https://i.gzn.jp/img/2018/02/11/aspark-ev-project-3rd/a02_m.jpg

このページのトップヘ