臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

13f396c919351bd2203f1ccfcba5c4d6
1: 記憶たどり。 ★ 2017/10/31(火) 04:50:49.82 ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000006-asahi-soci

陸上自衛隊に離島防衛の専門部隊「水陸機動団」(日本版海兵隊)が来年3月、新設される。
防衛省はこの部隊を当初、長崎県の相浦(あいのうら)駐屯地をはじめ九州に置くが、
2020年代の前半には沖縄県の米海兵隊基地キャンプ・ハンセンにも配置する方針を固め、
米側と調整に入った。在日米軍再編に伴って沖縄に駐留する米海兵隊の一部が米領グアムに
移転した後を想定しているという。

複数の政府関係者が明らかにした。尖閣諸島に近い沖縄に置くことで、中国への抑止効果とともに、
九州の南端以西の南西諸島で何か起きた際の展開を早める狙いがあるという。一方、沖縄にとっては、
海兵隊の移転後に自衛隊が駐留することになり、「本当の基地負担の軽減につながらない」といった
反発も予想される。

陸自が来年3月末に発足させる水陸機動団は約2100人。相浦駐屯地には、司令部のほか
普通科(歩兵)を中心とする2個の水陸機動連隊を置くことが決まっている。

政府関係者によると、キャンプ・ハンセンへの駐留が検討されているのは、20年代前半までに
発足させる予定の三つ目の水陸機動連隊。規模は約600人程度を想定しているという。

日米両政府は8月の外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の際の共同発表で、南西諸島を含めた
自衛隊の態勢を強化し、米軍基地の共同使用を促進することを確認し合った。キャンプ・ハンセンの
共同使用を念頭に置いていたという。

共同発表を受けて日米両政府は、在沖縄の米海兵隊の一部がグアムに移転した後に陸自の
水陸機動連隊の一つをキャンプ・ハンセンに配置する基本方針を確認。在沖縄米軍は日本側に、
この部隊の規模や編成など具体的な検討を進めるチームの設置を申し入れたという。

日米両政府は06年、沖縄の米軍基地負担の軽減と抑止力の維持を両立させる目的で、
在日米軍再編の「ロードマップ」を策定した。12年には、在沖縄の海兵隊員のうち約9千人の国外
(このうち約4千人をグアム)移転に合意。13年には、グアム移転を20年代前半に始めることも公表している。

日本政府は来年末までに策定する予定の新たな防衛計画の大綱や中期防衛力整備計画に、
キャンプ・ハンセンへの陸自部隊駐留を盛り込みたい意向だが、来秋には沖縄県知事選があり、
沖縄側の反応も見ながら検討を進める方針だ。

     ◇

〈水陸機動団〉 離島が侵攻された際、戦闘機や護衛艦などの支援を受けながら、
水陸両用車やボートなどを使って島に上陸し、奪還する「水陸両用作戦」の実施部隊。
米海兵隊をモデルにしている。13年に閣議決定された防衛計画の大綱で部隊の創設が盛り込まれ、
中期防衛力整備計画で水陸両用車など部隊が使う装備の導入が明記された。陸自が導入を進める
輸送機オスプレイも水陸機動団の展開に使われる。

ロヒンギャ難民
1: みつを ★ 2017/10/30(月) 19:10:18.19 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3148577?cx_part=topstory&cx_position=1

【10月30日 AFP】ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)が隣国バングラデシュに大量流入している問題で、バングラデシュ当局は過密状態にある難民キャンプへの対応策として、任意で精管切除(パイプカット)を含む不妊手術の実施を検討している。

 多くの難民キャンプを抱える南東部コックスバザール(Cox's Bazar)県の家族計画局によると、人口増加抑制のために難民キャンプで避妊の方法を助言したり、コンドームや避妊薬(ピル)を配布したりする活動を行っているが、ロヒンギャは避妊に対する知識がほとんどなく、効果もなかったという。

 今年8月にミャンマー政府軍がロヒンギャ武装勢力の制圧に乗り出して以降、60万人以上のロヒンギャがバングラデシュへと脱出。難民キャンプでは物資不足の状況が続いており、当局は人口増加が続けばさらなる危機へと発展する恐れがあると警戒している。

 家族計画局の幹部によるとロヒンギャは往々にして大家族で暮らしており、中には子どもが19人いる家族や、一夫多妻の家族もあるという。難民キャンプに派遣された当局の職員が避妊を推奨する活動を開始し、コンドーム549箱を配布したが、ロヒンギャは使用をためらっているという。

 さらにこの幹部がAFPに明らかにしたところによると、家族計画局が任意でロヒンギャに精管切除(パイプカット)や卵管切除の手術を実施できるよう、政府に対して承認を求めたという。

 しかし、多くのロヒンギャ難民は家族が多くいれば暮らし向きが楽になると考えていたり、イスラム教の教義に反するとして避妊自体に否定的な考えを示したりしているという。(c)AFP/Shafiqul ALAM

2017年10月30日 14:39 発信地:パロンカリ/バングラデシュ

ネット工作員
1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/10/29(日) 13:21:37.29 ID:FtFs2RtV0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
◆選挙前に「ネット工作員」が暗躍中…の真偽

ネット掲示板などでは、盲目的に与党礼賛を続ける「ネトサポ」とも揶揄される彼らだが、現役サポーターである前島氏(仮名)も、同団体が組織的な書き込みをしている、という指摘には首を振る。

「あくまでも自発的に集まった集団。書き込みも各々が勝手にやっている。
そもそもサポーターの中にも安倍さんのやり方に疑問を持つ人もいて、総理は麻生さんがいい、谷垣さんがいいと意見はバラバラ。
ただ、唯一共有しているのは、与党は“自民”じゃなきゃダメ、という感覚。民主党が与党だった数年前、あの悪夢をまた繰り返すのかと」

 右派保守派標榜の人々に問うと、異口同音に「組織的なのは、左派革新派の方」だと話す。実情はどうなのか。

「確かにひとつの組織ですが、それぞれの信念の元に書き込みをしているし、指示があったとしてもそれが正当なものであれば受け入れる。これは自然なことです」

 こう話すのは共産党の下部組織「日本民主青年同盟」、いわゆる「民青」の現役メンバー・X氏だ。
徹底した反安倍、反自民の姿勢で知られる同団体のメンバーの多くも、ツイッターなどのSNSに積極的に書き込みを行う。
X氏は“組織的”に書き込みをしている事実は認めつつ、その正当性も訴える。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-01415381-sspa-soci

関連
【悲報】共産党「カクサン部」 約32万人でネット荒らし開始 専従40年の古参 連日ツイッター
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508304015/
http://i.imgur.com/LmOzTm4.jpg

このページのトップヘ