臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

aa7add6293c271f8271d8eac70ac2c09_s
1: のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/09/18(月) 09:21:20.87 ID:CAP_USER9
京都府教育委員会で公立学校の教員によるわいせつ事案が相次いでいる問題で、
2012年4月から17年8月までの5年余りの間、わいせつでの懲戒処分が計19件発生し、
7割超が教え子に対する行為であることが分かった。
さらに、大半の教員が20~30代だった。

携帯電話での直接的なやりとりが背景の一つにあるとして全面禁止の措置を取り、
「生徒との距離感を誤ってはいけない」と厳重注意を呼びかけている。

「始業前の空き教室で何度も会った」
「学校生活での出来事をメールでやりとりするうちに親密になった」-。
よくある青春時代の恋愛のひとこまのようだが、違う。
わいせつ行為をした教員の懲戒処分内容に関する府教委側の説明だ。

府教委によると、教え子が被害者になるケースでは、多くの教員が調べに対し
「生徒から好意を示され、つい行き過ぎてしまった」「生徒が拒否しなかった」と答えている。
19件のうち、14件の被害者が教え子で、12件が20~30代の男性教員による行為だった。

生徒が被害にあう事案では、無料通信アプリLINE(ライン)でのやりとりから仲を深め、
生徒の裸の画像を送らせたり、ドライブに誘って抱きしめキスをしたりしていた。
部活の顧問の立場を利用したケースもある。

教職員人事課は
「生徒と年代が近い若手教員は、慕われる対象になりやすいが勘違いしてはいけない。
 携帯での安易なやりとりが温床になっており、危険だ」と研修などで強調する。
未成年の教え子に対するわいせつは、教員倫理に反するだけでなく、
刑法や府青少年健全育成条例に違反する犯罪行為につながると警告している。

府教委では昨年度に8件相次ぎ、本年度もすでに3件発生。
研修だけでは根絶できず、
8月に教員と生徒がラインなどでやりとりすることを全面的に禁止する通知を出した。

教員によるわいせつ処分は全国的にも増加している。
文部科学省によると、15年に処分された公立学校の教職員は224人と過去最多。
処分を隠して他の自治体の教員になり再び問題を起こすケースもあったため、
教員の処分情報を都道府県を超えて共有するシステム作りに乗り出す。

写真:処分を受けた教職員数
http://www.kyoto-np.co.jp/picture/2017/09/20170918084703waisetsu_450.jpg

以下ソース:京都新聞 2017年09月18日 08時04分
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20170918000047

c38a7eaff042045412a3f6b7d58c58c1_s
1: 動物園φ ★ 2017/09/18(月) 00:51:57.44 ID:CAP_USER9
9/17(日) 22:59配信
時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は17日朝(日本時間同日夜)、ツイッターに「昨夜、韓国の文(在寅)大統領と話し、ロケットマンはどうしているか彼に尋ねた」と書き込んだ。

 両首脳は電話会談でミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対応を話し合っており、「ロケットマン」は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を指すとみられる。

 トランプ氏は「北朝鮮ではガソリンを求める行列ができている。残念なことだ!」と続けた。国連安保理による制裁などで北朝鮮が燃料不足に陥っていると訴えることで、締め付け強化の成果を強調する意図があるようだ。

 ホワイトハウスの17日の発表によると、米韓首脳は電話協議で、北朝鮮に対抗する抑止・防衛力の強化で一致。北朝鮮への経済・外交圧力を最大限強めることに引き続き取り組むと確認した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000091-jij-n_ame

1 2017/09/17(日) 23:08:10.50
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505657290/

tong
1: ばーど ★ 2017/09/18(月) 06:56:53.19 ID:CAP_USER9
料理道具専門店「東京厨房」で販売される数種類のトング=15日、東京都台東区で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/images/PK2017091702100046_size0.jpg

埼玉、群馬両県の系列総菜店「でりしゃす」の客が相次いで腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒では、総菜を大皿から取り分けるためのトングが原因となった可能性が指摘されている。使い回しを防ごうと、運営会社はトング約一万本を新たに購入。同様の対策強化の動きが広がるとともにトング需要が高まっており、品薄となるメーカーも出始めた。

「三千から四千はあった在庫がなくなりつつある」。新潟県燕市でトングを中心としたキッチン用品を製造する田辺金具には、でりしゃすの総菜を食べた女児(3つ)の死亡が十三日に明らかになって以降、問屋からの問い合わせが急増した。

担当者は「食中毒対策のため、売り場での交換ペースを早めているようだ」と説明。先端の樹脂部分に抗菌剤を配合したトングも販売する同社には「どんなものでもいいから売ってほしい」との要望もあるという。

死亡女児を含む十一人は、前橋市のでりしゃす六供(ろっく)店で販売された総菜を食べていた。市によると、この店舗は複数の皿でトングが使い回され、定められた「二時間ごとの交換」が守られていなかった疑いがある。

市は、総菜の販売段階で菌が付着した二次汚染の可能性を挙げる一方、トングが原因だったと確定させてはいない。再発防止のため、運営会社フレッシュコーポレーション(群馬県太田市)はトングを使うたびに交換できるよう約一万本を購入、使い回ししないよう促す注意書きも店内に張った。さらに、皿にカバーを付けた。

同様に総菜を量り売りする「オリジン弁当」の運営会社オリジン東秀(東京)はトングを専用台に置き、店員が料理を盛り直すたびに交換しており「以前からの衛生管理の徹底を継続したい」としている。

対策強化の動きは総菜店だけにとどまらない。関東を中心に焼き肉店を展開する安楽亭(さいたま市)は八月、横浜市内の店舗で食事をした客二人がO157に感染したとして営業停止処分を受けた。再発防止のため、生肉と焼いた肉を別のトングで取れるよう、客に渡すトングを増やし、不足分は新たに発注した。

調理道具を扱う店が並ぶ、東京都台東区のかっぱ橋道具街。ある食器店では、バイキング形式のレストランなどからの注文が増えたという。店員は「まな板や手袋といった衛生用品や、料理を盛った大皿にかぶせるふたに関する問い合わせも多い」と話している。

配信2017年9月17日 朝刊
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091702000108.html

このページのトップヘ