臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

スマホM
1: 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [ニダ] 2017/10/18(水) 16:03:13.84 ID:irqPh2hw0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
折りたたみ二画面スマホ『M』発表。ドコモ主導で誕生したグローバル端末

ドコモがZTE製のスマートフォン『M』を発表しました。M (Z-01K) は5.2インチの液晶ディスプレイを
2枚備えた、折りたたみのデュアルスクリーン端末。
片方でdTV、片方でLINEを開いて動画を見ながらメッセージなど2つのアプリを同時に使うマルチ
ウィンドウ・マルチタスクができるほか、2枚をあわせて6.75インチの1画面としてタブレット風に
扱うことも、畳んで通常のスマホのようにも使えるユニークな機種です。
http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/5771d16364ef73a1a73425766560bf9f/205776155/DSC09102.jpg
http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/32e847d8b54e561f878018ee612cb861/205775723/docomom.jpg
http://japanese.engadget.com/2017/10/17/m/

シングルマザー
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [LV] 2017/10/18(水) 06:29:41.20 ID:ednV4+7C0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。
今回紹介するのは、26歳の知的障害者の息子と2人暮らしのバツ2のシングルマザーだ。

■バス代もなく面接に行けない状態

 「もう手持ちのおカネが1892円しかありません。これからどうなるんだろう……みたいな不安だらけ」

 関東地方の田舎町、最寄り駅までバスで30分以上かかった。晴天の下、癒やされる田園風景が広がる。しかし、待ち合わせ場所にやってきた佐藤雅美さん(仮名、48歳)の表情は、
どんよりと曇る。表情が緩むことはなかった。バツ2のシングルマザー、26歳の知的障害者の息子と2人暮らし。息子は療育手帳Aをもつ重度障害者である。

 「2カ月前まで派遣で介護職をしていました。介助でカラダを壊したのと、職場の環境がヒドかったので辞めました。先月から収入は息子の障害年金だけになってしまって、
まったくおカネがなくなって、家にある漫画とかゲームを売った。何千円かになって、なんとか10日間くらいはしのげました。でも、もう売れるものは何もないです。バス代もないので、
次の息子の障害年金が入るまで、アルバイトの面接にも行けない状態です」

 車は車検代が支払えず、使えない。最寄りの駅にすら行けない状態だ。夕方には息子がデイサービスから帰る。お迎え時間には、必ず立ち会わなければならない。息子は食事や入浴、
着替えに見守りが必要だ。1人で留守番はできない。在宅介護が始まってから自由はなくなり、働く時間も限られるようになった。

 2人暮らしが始まったのは、2年前。息子は小学校2年生のときに在宅は無理と施設に預け、17年間は施設で暮らした。24歳で卒園。受け入れてくれる施設は見つからず、在宅介護が始まった。
つねに見守りが必要な状態で、働けるのはデイサービスに行っている時間だけ。事情を話すとコンビニやスーパーには断られ、介護はやっと見つかった仕事だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00191064-toyo-soci

ティラミス
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2017/10/19(木) 04:54:26.50 ID:4TzbqRDk0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
90年代に日本でもブームとなったケーキ「ティラミス」。今でもケーキ屋やコンビニに行けば見かけることができ、
愛され続けているお菓子。
しかしティラミスは精力剤だったという衝撃の事実が発覚した。

イタリア北部のヴェネト州にある小さなトレヴィーゾという町は、町全体が売春街で数多くの性グッズ販売店が集中していた。
カロリーを補うために卵、砂糖、チーズ、ココアなどでおやつを作って食べた最初の精力剤がティラミスだったのだ。

以後、このティラミスは町で流行し売春婦のデザートとして有名になった。売春婦が客争いが激化すると、
自分達が食べるティラミスを利用して客引きするまでに発展。

ティラミスは卵が入っていてタンパク質が豊富、乳製品や砂糖などの材料も使われカロリーも高く精力に良いと広めた。

売春店に訪れた男性にティラミスをもてなし、男性の間で精力剤として口コミで広まった。

また昔のティラミスは少量のお酒が含まれており、少し酔うことも出来気持ち良くなる効果もあったという。

このときからティラミスは売春を意味する1つの象徴のように考えられた。
ティラミス(Tiramesù)は「精一杯引き出す」「私をひっぱりあげて」「私を元気づけて」などの意味がある。

長いこと盛んだったトレヴィーゾの売春街は1958年に政府の売春根絶政策により無くなってしまった。

それとともにティラミスだけが残り、この地を代表するデザートとして記録されている。これが世界中で広まり今に至っている。

本当に精力剤として効果があったかどうかは別であるが。

http://gogotsu.com/archives/33974
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/10/001-20.jpg
関連
http://gogotsu.com/archives/32849

このページのトップヘ