臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

sunaipa
1: 名無しさん@涙目です。(和歌山県)@無断転載は禁止 [US] 2017/10/01(日) 18:09:28.14 ID:j7VErQCJ0 BE:633888355-PLT(15000) ポイント特典
イラク歴戦の狙撃手、ハウィジャ奪還作戦で死亡 「ISを320人殺した」

10/1(日) 17:37配信

【AFP=時事】「狙撃手のシャイフ(長)」として名をはせたベテラン狙撃手アブ・タフシン・サルヒ(Abu Tahsin al-Salhi)氏(63)が、
イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が制圧していたイラク北部ハウィジャ(Hawija)の奪還作戦中に死亡した。サルヒ氏が属する
民兵組織が9月30日に明らかにした。

 サルヒ氏は1973年の第4次中東戦争に参加した経験もあるベテラン狙撃手で、これまでに少なくとも320人のIS戦闘員を射殺したと語っていた。
だが、政府軍のIS掃討作戦に参加しているイスラム教シーア派(Shiite)系民兵組織「人民動員隊(Hashed al-Shaabi)」のアフメド・アサディ
(Ahmed al-Assadi)報道官によるとサルヒ氏は9月29日、IS最後の拠点ハウィジャに向けて進軍中にイラク北西部で殺害された。

 サルヒ氏の葬儀は9月30日、イラク南部の港湾都市バスラ(Basra)近郊で営まれた。同氏と親しかったアフマド・アリ・フセイン
(Ahmad Ali Hussein)氏によれば、仲間の兵士らの間でサルヒ氏は「狙撃手の長」、「タカの目」などと呼ばれていた。

 大柄で白髪交じりの顎ひげを生やしたサルヒ氏は、白と黒のチェック柄スカーフと指なし手袋を身に着けてオフロードバイクを乗りこなし、
オーストリア製のライフル銃「ステアー(Steyr)」を常に携帯していた。

 人民動員隊の動画の中で、サルヒ氏は狙撃手として過ごした人生を振り返っていた。1973年の第4次中東戦争でイラク部隊に参加し
ゴラン高原(Golan Heights)で戦ったことを皮切りに、サダム・フセイン(Saddam Hussein)時代のイラクでイラン・イラク戦争
(1980~88年)、クウェート侵攻(1990年)に参加し、フセイン政権崩壊につながった2003年のイラク戦争では米国を相手に戦っていた。

 サルヒ氏は動画の中で「今日はやつら(ISの戦闘員)を2人殺した。話にならん。俺は最低でも4人やるんだ」と話していた。
「(2015 年のISとの戦いで)俺はやつらを173人殺した。今では320人だ」 【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000029-jij_afp-int
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/8/700x460/img_482a480e392887483be2ad28e2ce25ab234509.jpg

takigawa
1: 名無しさん@涙目です。(秋)@無断転載は禁止 [CN] 2017/10/01(日) 23:13:09.66 ID:7IbZd2jo0● BE:322453424-2BP(2000)
滝川クリステル(39)が、元カレとの「決別セクシー写真集」を出版する可能性が高まってきた。
 彼女は9月発売の一部女性週刊誌の取材で、仕事優先を明言。恋愛より「ヌード」を選択したのだ。
 「滝川は7月に、元恋人だった俳優・小澤征悦が頻繁に彼女のマンションを訪れているところを写真誌に押さえられています。小澤がマンションを訪ねたのは、復縁を願ったから。2人は'15年の初めに円満に別れたことは、滝川自身も認めています」(芸能ライター)

 しかし、女性週刊誌の取材によれば、滝川は小澤がマンションに来たことを肯定した上で「復縁はない」とキッパリと否定している。
 「復縁拒否の具体的理由は避けましたが、小澤を部屋の中に入れたということは、今現在、滝川も交際相手はいないということ。記者の取材に『彼から強い気持ちをいただいた』と語っているので、小澤が復縁を懇願したのは間違いない。だが、結果的に彼女にはまったくその気がなかったということです」(同)

 滝川は、動物愛護団体の代表として活動。10月17日から、情報番組『教えてもらう前と後』(TBS系)のMCを務めることも決まっている。だが、その裏で蠢いているのがグラビア系出版社。彼女が女性週刊誌に「お仕事があって…精一杯です」と、仕事を取る発言をしたことで、湧き上がっているのだ。
 「出演オファーの中にはグラビアの話もかなりあるそうです。9月にフリーアナの田中みな実(30)が“肘ブラヌード”を女性誌で公開。また、元日本テレビアナだった脊山麻理子(37)も2月に下着写真集を発表するなど、今、女子アナ露出が常識化していますから、滝クリに殺到するのは必然といったところ。彼女の爆乳は業界内では評判です」(グラビア雑誌編集者)

 身長160センチ、バストは87のFカップ乳。以前、行われたジュエリーのイベントでは“半乳出し”の大胆ドレスで登場し、話題をさらった。
 「このところテレビと縁遠くなっていて、やはり起爆剤がほしいところ。当然、小澤との完全決別の意味で、セクシー露出をする構えです。滝クリのヌードなら20万部、ギャラ1億円は間違いない。最近、弟との幼児期の入浴写真を公開するなど、かなり仕掛けてきていますから、実現の可能性は十分ありますよ」(同)

 今の入浴写真が見たい!

http://wjn.jp/sp/article/detail/1609699/

zainichi
1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@無断転載は禁止 [US] 2017/10/01(日) 11:37:57.15 ID:In4g1HrJ0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
「日本の進歩陣営の失敗で安倍政権が『右向け右に疾走』韓国がブレーキかけなければ…」

・東京経済大学教授 徐京植
http://livedoor.blogimg.jp/oboega-01/imgs/e/0/e03654c8.jpg

今年末で執権5年を迎える安倍晋三政権の「右向け右疾走」は、現在、もう無感覚になるほど馴染んだニュースになってしまった。
「第2の敗戦」と呼ばれた東日本大震災と福島原発事故で日本社会が漂流していた2012年末、
「日本を取り戻す」というスローガンの中で登場した安倍は、経済を安定させた一方で、「戦争可能な普通の国」づくりを推進してきた。
武器輸出3原則の廃棄、集団的自衛権の法制化、「共謀罪」法案の制定などが続々となされ、
「戦後平和主義体制」は、形を認識することができないほどになった。


「在日朝鮮人」である東京経済大教授の徐京植(66)は、日本の残り少ない「荒野の声」の一つである。
彼が最近、韓国で出版した「再び日本を考える」で、「リベラル」と呼ばれている日本の進歩陣営の責任を厳しく追求した。
徐京植は、平和主義を標榜しつつも、天皇制と米日安保条約を容認し、
東アジアの平和を取り上げつつも、植民地の責任問題に対する認識が悪いリベラルの「二律背反」あるいは「曖昧さ」が右翼の台頭を防ぐことに失敗した原因だと診断している。
去る10日、ソウル市内のホテルで訪韓中の徐京植に会った。
彼は「安倍政権5年の日本は、全体主義、ファシズム化が急速に進んできた期間」とし「このような流れを放置すると、
東アジアで武力紛争のような破局がもたらされる可能性もある」とした。
日本国内の進歩陣営に期待するのは難しいとして、「日本を牽制して更生させる主体は周辺国であり、
特に韓国が批判してブレーキをかけなければならない」と述べた。
今の日本を「ファシズム化」と見る彼の診断には疑問の余地があるが、日本国内の少数派として生きてきた徐京植の感覚は、
坑内で有毒ガスを知らせる「鉱山のカナリア」のように鋭敏で鋭かった。



【韓国の反応】「韓国が主体となって今の日本を更正させなければならない」韓国マスコミのインタビューに在日コリアン教授が答える
http://oboega-01.blog.jp/archives/1068025482.html

このページのトップヘ