臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

初鹿
1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [DE] 2017/11/01(水) 20:10:55.54 ID:/SuBdGmw0 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典
11/1(水) 20:07配信
時事通信

 立憲民主党は1日、支援者の女性に対する強制わいせつ疑惑が同日発売の
週刊文春で報じられた初鹿明博衆院議員(比例東京)について、6カ月間の
役職停止処分を決め、政調副会長への内定を取り消した。

 福山哲郎幹事長は記者団に「国民の不信感を招いた。女性に不快感を与えた」と理由を説明した。

 初鹿氏は福山氏を通じてコメントを公表。「意に反したわいせつ行為や強制
わいせつの事実はない」と改めて疑惑を否定する一方、「私自身の脇の甘さが
招いた面があると肝に銘じるとともに、当該女性、支援者におわびしたい」と陳謝した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000131-jij-pol

村上春樹
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DE] 2017/10/30(月) 02:23:49.72 ID:4c52+E0m0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
ノーベル文学賞、そこまでして村上春樹を避けたいのか 11月号 早稲田大学教授・石原千秋

 ノーベル文学賞がカズオ・イシグロに決まった。昨年ボブ・ディランに決まったときには「こういう手があるのか」と思ったが、
今年は「こうまでして避けたいのか」と思った。もちろん、村上春樹のことだ。「文学界」では、沼野充義が選考委員会は
村上春樹文学の女性の書き方がお気に召さないようだと指摘し、都甲幸治はアメリカでは村上春樹はもう終わっている
と指摘している。いずれにせよ、ノーベル文学賞はいわば直木賞系にシフトしたことになる。

 加藤典洋が東浩紀との対談「私と公、文学と政治について」(群像)でまたトンチンカンなことを言っている。「テクスト論者が、
作品におけるテクストで書き落とされること、つまりレティサンス(故意の言い落とし)ということのもつ意味に無頓着だったこと
に通じますね。テクスト論は書かれたものをしか相手にできないので、テクストのここに実は言われていない重要なことがある
というのは、作者を想定しないとそんなことは言えないため、ルール違反、禁じ手になります。その結果、テクストから『ないこと
(秘密)』がなくなってしまう。テクスト論は作者と一緒に作品から『語られないこと(秘密)』をも駆逐してしまった」と。作者が何を
「故意」に言わなかったかがわかるとは、加藤典洋は読心術でも心得ているのだろうか。

続きはソースで
http://www.sankei.com/life/news/171029/lif1710290026-n1.html

ゲーム中毒
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CL] 2017/10/30(月) 13:53:01.52 ID:+g1ees2a0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
オンラインゲームへの熱中は「完全」な薬物・アルコール依存症と同様のものではない。「ゲーマー」にとって、ゲームは社会的ないし心理的不快感を鈍くさせるために必要なのだ。
研究者の観察によると、オンラインゲームをプレーする時、人々は本当の問題からバーチャル世界へと「逃げよう」としている。論文は科学誌『PeerJ』に掲載された。
英カーディフ大学のネッタ・ワインスタイン博士は「ゲームは心理的依存症の新しい形ではない。従って、ヒトが自らの人生に満足していなければ、ゲームは魅力的になるし、逆もまた然り」と述べた。
ワインスタイン氏らは、「ゲーム中毒」はアルコール依存症や薬物依存症と類似しているかを研究した。
チームは20~40歳の参加者6000人を集めた。そのうち半分は友人や家族から「インターネットゲーム中毒」の犠牲者と考えられていた人々で、もう半数はゲームで遊んだことがない人々だ。
ワインスタイン氏が指摘するところ、双方の間に生活スタイルや行動に大きな差は確認されなかった。
唯一の差は、自身を幸せと感じている度合いだった。ゲームが好きな人々が述べるところ、ネットに「ハマり」始めたのは、そのプロセスが好きだからではなく、職場や私生活での深刻な問題から気をそらすためだった。
「ゲーマー」のわずか1%のみが、ゲームが生活に深刻な問題を引き起こしたと回答した。
従って、「ゲーム中毒」対策に必要なのはリハビリ施設に送り混むことではなく、その人物を幸せにすることだと論文は結論付ける。

https://jp.sputniknews.com/science/201710304231681/

このページのトップヘ