臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

エレクトロニック・ハラスメント
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/10/23(月) 10:10:23.15 ID:mCYiQJkN0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
エレクトロニック・ハラスメント(英語: electronic harassment) は、他人に嫌がらせや拷問をしたり危害を加えたりする目的で、
電波線によってその精神や身体に直接または間接の実体的影響がもたらされるように、電子機器を使用することを指す用語である。
インターネット上で行われるサイバー暴力とは異なる。
アメリカ合衆国では、ミシガン州[1]、メイン州[2]、マサチューセッツ州[3]の州法がこのような行為を禁止している。また、
2009年にカンザス州ウィチタの裁判所が、エレクトロニック・ハラスメント被害を訴える原告の勝訴の判断を示した例がある[4][5]

Wikipediaに寄付したから使う

エレクトロニックハラスメントと言われる電磁波攻撃を行う技術。
日本人の被害者はどのくらいいるのだろうか。
完全犯罪が成立するらしい。

ベストアンサーに選ばれた回答

気付いてる人だけでも何万人といます。気付かず精神崩壊された方は何十万人といます。

民主主義国家ではなくなっているのが今の日本です。

https://news.google.com/news/?edchanged=1&ned=jp&hl=ja

kim3
1: 名無しさん@涙目です。(徳島県) [GB] 2017/10/23(月) 10:34:15.96 ID:qqu1guvJ0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
日本に「強硬な自衛的措置」


北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は22日の報道官談話で、
「北朝鮮の核の脅威」による国難の突破を名目にした衆院解散について
「何の大義名分もない」と批判し、日本が「米帝侵略軍」を駐屯させ、自衛隊と合同訓練を行っていると非難した。

朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は「日本が米国を後ろ盾に再侵略の準備に拍車を掛けていることが明白になった以上、
われわれも、それに見合った強硬な自衛的措置を行使する権利がある」と威嚇した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102300621&g=pol

trump5
1: 名無しさん@涙目です。(徳島県) [GB] 2017/10/23(月) 10:51:18.86 ID:qqu1guvJ0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
米国の韓半島(朝鮮半島)専門家、マイケル・グリーン・ジョージタウン大教授は
「ドナルド・トランプ米国大統領が訪韓期間中に先制攻撃や予防的戦争のような強硬発言をする可能性は排除し難い」
とし「これは進歩的な文在寅(ムン・ジェイン)政府と韓米同盟で葛藤を起こしかねず懸念される」と述べた。

ジョージ・W・ブッシュ大統領当時、ホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア担当上級補佐官を務めたグリーン氏は、
現在、戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長(アジア)と日本部長を兼任している。

グリーン氏は20日(現地時間)、中央日報とのインタビューで「トランプ大統領の訪韓は北朝鮮を『悪の枢軸(Axis of evil)』と表現した
直後の2002年2月に行われたブッシュ大統領の訪韓とさまざまな側面で似ている」とし

「当時もホワイトハウス内の強硬派は非武装地帯(DMZ)で『悪の枢軸』や『壁(休戦ライン)を崩さなければならない』という強硬発言は見送った」と回顧した。

グリーン氏は文大統には「トランプ大統領に北朝鮮の核ミサイルの実験中断と韓米連合訓練の中断(双中断)
交渉のような対話や包容政策を迫るのではなく、DMZに同行してトランプ大統領に韓米同盟と安保公約に対する堅固な約束をさせるのがよい」と助言した。

--ブッシュ大統領とトランプ大統領の訪韓はどのような点で似ていているか。

「当時、保守的な米国大統領と韓国の進歩的な金大中(キム・デジュン)大統領は友好的な関係や連帯感を形成しにくい状況だった。
両首脳は北朝鮮政策をめぐって対立していた。

反面、ブッシュ大統領と小泉首相との関係は、最近のトランプ大統領と安倍晋三首相のように良好だった。北朝鮮政策をめぐっても難しい状況だった。
金大中大統領は『ブッシュ大統領が北朝鮮を訪問して金正日(キム・ジョンイル)委員長に会うべきだ』と言って、強力な包容政策を要求した。

http://japanese.joins.com/article/652/234652.html

このページのトップヘ