臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

kitachousen
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2017/10/10(火) 06:13:25.01 ID:kCaSKrNF0 BE:902666507-2BP(1500)
9月3日の6度目の核実験強行以降、米トランプ政権と激しい「舌戦」を繰り広げている金正恩温政権だが、国内では不穏な噂が様々飛び交い、
当局が住民対象の会議を開いたり、噂を拡散させた者の摘発に乗り出すなど、「流言飛語」対策に躍起になっていることが分かった。(パク・ヨンミン)
米国との緊張が高まるに伴い、金正恩政権は高等中学生(日本の高校に該当)に軍入隊志願の「嘆願集会」をさせたり、
「教導隊」「赤衛隊」などの民兵組織の非常招集訓練をしたりするなど、戦争に備えて国民に結束を求める動きを見せている。
しかし、そのことが住民の間で様々な憶測を呼び、様々な噂が飛び交う事態を招いている。
9月末から10月6日にかけて、北朝鮮内部の取材協力者からあった報告を紹介しよう。

◆中国軍が攻めてくる?

9月末以降、人民班会議(末端の行政・住民組織の会議)では「流言飛語」を広げる者は、探し出して処罰するという通達があったと、協力者たちは口を揃える。
では、どんな噂が流れているのだろうか?

「戦争が起こるという人が多い。中国製品が入らなくなるという噂も広がっている」(咸鏡北道の協力者)
「戦争が起こるという噂がしきりだ。そのため、(期間満了になっても)軍人を除隊させないことにしたとか、除隊軍人を軍需工場に集団で強制的に配置させることになったと囁かれている。
中国軍が攻めてきて植民地になると言う話も広がっている」(前出の両江道の協力者)
「戦争に備えて中国の軍隊が入って来ると噂したとして、女性が一人逮捕された。噂は市場で回り、担ぎ屋たちが各地に口伝えしている」(北部地域の協力者)

メディアを国家権力が完全統制し、政治プロパガンダばかりを聞かされてきた北朝鮮住民の間では、政府の主張の信用度は地に落ちており、口コミ情報を重視する人が多い。
特に中国から情報の入る北部地域ではその傾向が強い。
金正恩政権は、中国、米国との対立の深まりに対して、国内に一定の緊張した雰囲気を作って結束を高めたいところだろうが、
それは戦争や経済制裁に対する社会不安を高める副作用を伴いかねず、「流言飛語」取り締まりに躍起になっているのだろう。


続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010000-asiap-kr

ooarai
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2017/10/10(火) 07:47:00.55 ID:e6V1E6Kt0● BE:645596193-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
茨城県大洗町の海水浴場の駐車場で、サーフィンをしていた男性の車6台が盗まれました。

9日午後2時から4時半にかけて、茨城県の「大洗サンビーチ」の駐車場に止まっていた車6台、合わせて910万円相当などが盗まれました。警察によりますと、車6台は31歳から69歳の男性6人のもので、サーフィンをしている間になくなっていたということです。
車には鍵が掛けられていましたが、男性らは鍵を小さな箱に入れて車体の下などに取り付けていたということです。警察は複数犯の可能性もあるとみて周辺の防犯カメラの映像を調べるなど、窃盗事件として捜査しています。

配信2017/10/10 05:58
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111808.html

osutorria
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2017/10/09(月) 12:16:51.83 ID:VAtSpYMD0● BE:487816701-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/mokkori-na_2.gif
オーストラリア警察が世界最大の児童ポルノサイトを11ヶ月運営していたことが判明

ノルウェイのタブロイド紙のヴェルデンス・ガング(VG)は、Tor経由でアクセスできるいわゆるダークウェブの中で世界最大の児童ポルノサイトであるChilds Playは、オーストラリア警察によって運営されていたことをつきとめた。

Childs Playの運営者は頻繁にフォーラムにあらわれていた他に、一ヶ月ごとに必ず新作の児童ポルノを提供していたのだった。

運営者が逮捕されたことを利用者にさとられないよう、オーストラリア警察の捜査官は運営者の語彙を使い、書き言葉をまねてフォーラムへの書き込みを続けていたが、ついに次の新作児童ポルノを投稿しなければならない時期にきた。

そこで、オーストラリア警察はすでに押収していたそのWebサイトにはない児童ポルノを投稿して運営を継続した。

https://cpplover.blogspot.jp/2017/10/11.html

このページのトップヘ