臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

1-20
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/20(月) 02:52:21.64 ID:f7uQBUNc0● BE:264168779-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
有名ブランド ”ティファニー” が、1000ドル(約11万円)で販売している「只の空き缶」がさすがにぼったくりだと話題のギャラリー。ティファニーのロゴは入っている様子。
http://ki-topo-ka.com/wp-content/uploads/2017/11/1-20.jpg
http://ki-topo-ka.com/wp-content/uploads/2017/11/2-18.jpg
http://ki-topo-ka.com/wp-content/uploads/2017/11/3-16.jpg
http://ki-topo-ka.com/wp-content/uploads/2017/11/4-13.jpg

http://

予習はNG
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/19(日) 13:35:18.45 ID:I65ai8sq0● BE:264168779-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
小学2年生の子供を持つ母親がTwitterにて「子どもが学校の先生から最悪の教育を受けた」と告発して話題になっている。
海月れいなさん(@mizukireina0217)は返却された子どもの宿題を見た時に先生の対応に疑問を感じた。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary8.png
▼子供の回答に特に間違いは見当たらないのだが、先生は「なにこれ?」とかなりご立腹のご様子。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary7.jpg

しかも、明らかに間違いである「32」が正解になっていたというのだから、海月さんが違和感を感じたのも無理はない。もしかすると、これは「ひっかけ問題」なのだろうか…?しかし、何度問題文を読んでも理解することができない。
Twitterではこのような指摘がされていた。
▼「8×7」の下に書いた数字は式ではないから不正解なのでは?
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary5.png

しかし、これでは「32」が正解になった理由には答えられない。Twitterでは「間違っていない」「合ってるよ」など、子どもの方が正しいという意見の方が圧倒的に多くみられた。
それでは、なぜ先生は不正解にしたのか?海月さんはこのように語っている。
▼先生「まだ習っていないから不正解」。なんだこの理由は…。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary2.png

学校の先生が、こんなくだらない理由で正解を不正解にしているとは信じられない。学校のペースに合わせず先取りで教える塾を目の敵にでもしているのだろうか。
▼Twitterではこの先生の教育方針に批判が殺到!。子どもが不信感を持って勉強から離れる恐れがあり、個性を奪うかもしれないと指摘されている。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary1.png
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary6.png

ちなみに、どのような解答をしていれば先生の考える「正解」になったのかというと…。ついに正しい答えが判明。
http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/10/1007elementary3.png
子どもが興味を持って勉強を先取りすることは悪いことどころか、大変喜ばしく、褒めてあげるべきことだと思う。日本の教育には、まだまだおかしなところがあるようだ。
▼8+8+8+8+…。うわああああああああああ!8ばっかりで面倒臭い!

http://netgeek.biz/archives/52190

12902
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [KR] 2017/11/19(日) 21:16:28.94 ID:Ws54QHo70 BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nacchi_face.gif
<ネット広告>高額「解説書」に誘導 被害相談相次ぐ
11/19(日) 13:00

 「あなたの写真が今すぐお金になる」「月収200万円以上稼いでいる人もいる」--。
こんなウソの広告をインターネット上に掲載し、稼ぎ方を記した「解説書」なる高額の電子書籍を
売りつける業者に関する被害相談が、東京都内の消費生活センターに相次いでいる。
都は「もうけ話をうのみにしないで」と注意を呼びかけている。

 東京都取引指導課によると、この業者は「株式会社アイデア」(渋谷区)。同社は「デジタルカメラや
携帯電話・スマートフォンの中に眠っている写真が現金に変わるチャンス」などとうたった「カシャ
カシャビジネス」という広告をインターネットに掲載している。広告には架空の体験談などを
盛り込んでいる。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで連絡してきた消費者に対し、2万円の
「解説書」を売りつけ、さらに興味を持った消費者には、多額の利益をうたった最大150万円の
「特別コース」に入るように電話で勧誘していたという。実際に2万~3万円のお金になった人は
いたものの、ほとんどの消費者は収入につながらなかったという。

 都内の消費生活センターには、昨年10月から今年10月26日まで23件の相談が寄せられて
いる。相談者は26~82歳で、平均約27万4000円、最高で100万円の契約をしてしまった人も
いるという。

 担当者は「インターネット上には簡単に短時間で大金を稼げる話がたくさんあるが、冷静に検討
してほしい。困った時は相談して」と話す。相談は、都消費生活総合センター(03・3235・1155)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000023-mai-soci

このページのトップヘ