xvdvdド
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537978187/
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:09:47.97 ID:HXZzOwsO0 BE:618588461-PLT(35669)
sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
長いよ
でもなかなか感慨深い
やっぱり父親の器はでけーわ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00549102-shincho-bus_all

父娘の確執は、思わぬ局面を迎えつつある。「大塚家具」創業者の大塚勝久氏(75)と、長女・久美子氏(50)との諍い。
3年前に父を放逐して“家業”を手中に収めた長女は、あろうことか苦境の只中にある。
今回、勝久氏があらためて騒動を振り返り、娘への思いを余さず吐露した。

 まさか、たった3年でダメになるとは思いませんでしたよ。
自分たちの方針が間違っているのは、久美子は誰よりも先に気づいていたはずなのに……。

〈現在「匠大塚」の会長職にある勝久氏は、訥々と語り始めた。
久美子氏が率いる大塚家具は不振を極め、先月には身売り交渉が進行中と報じられたばかり。
8月14日に発表された中間決算では20億円の赤字を計上、12月期通期でも最終損失34億円との見通しで、3年連続の赤字は確実となっているのだ。〉

 2015年3月27日、私が久美子によって追放された時点で、会社には100億円を超える手元現金や、数十億円にのぼる有価証券など換金可能な資産が200億円近くありました。
だから久美子が社長になって多少事業が上手くいかなくても、20億円の赤字で10年間は持ち堪えられると楽観視していたのです。

続く

2: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:10:30.58 ID:HXZzOwsO0
>>1の続き

ところが、やはり商売は難しい。大塚家具は従業員、取引先、株主、そしてお客様のどれが欠けてもいけない「円」なのに、全てがガタガタになってしまいました。
現在では手元現金が十数億円にまで減ったと聞きますし、いつ底を突くかも分からない。もう私にも手の打ちようがありません。

〈父と娘が株主の委任状争奪戦を繰り広げる「プロキシーファイト」は、骨肉の争いとして世間の耳目を集めた。結果、久美子氏は“社外取締役”や“ガバナンス”を武器に勝利を収めたのだった。〉

 当時、すでに久美子との間にコミュニケーションはありませんでした。それどころか今思えば、久美子の画策はもっと昔から始まっていたのです。
世間では3年前に突然、私を解任したように思われていますが、それは違う。例えばこんなこともありました。

3: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:11:08.74 ID:HXZzOwsO0
>>2の続き


13年3月に行われた取締役選任を行う取締役会で、久美子は弟の勝之(現「匠大塚」社長)を取締役にする決議に頑なに反対し、自分の知り合いの弁護士を社外取締役に加えるよう主張しました。
朝の10時に始まった取締役会が、夕方になっても終わらない。私はその弁護士に会ったこともなく、そんな人間を社外取締役にするわけにはいかない。
すると久美子は「受け入れられないのなら会社を辞める」と言い出し、最終的には久美子の案だけが承認されたのです。

 私と二人三脚で会社を盛り立ててきた弟が取締役になれば、私の味方が1人増えることになる。それが久美子は嫌だったのでしょう。

4: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:12:23.24 ID:HXZzOwsO0
>>3の続き


〈勝久氏には2男3女があり、第1子の久美子氏は一橋大卒業後、富士銀行を経て1994年、大塚家具に入社。
営業畑でなく、企画や広報などを担当した。そんな娘を、父はどう見ていたのか。〉

 久美子が入社したのは、ちょうど私がアメリカ家具の買い付けを始めた頃で、有明ショールームの開店など、大塚家具の礎が作られたといえる時期でした。
同時期に入社した長男が営業畑を歩んだ一方、久美子は管理畑。
方向を誤ったのは、営業の現場にあまりいなかったことも関係しているのかもしれません。

 04年に会社を離れる際、久美子は「まだまだお父さんも元気そうだから私がいなくても大丈夫だね」と、笑顔を見せていた。
私も外の世界で頑張る娘を全面的にバックアップしてきたつもりでした。
だからその5年後、久美子が「もう一度、大塚家具で頑張りたい」と言ってきた時には快く迎え入れ、私の後継として社長に指名したわけです。

 意見が食い違うこともありましたが、その頃は「会社を良くしようとしているのだろう」と考えて疑わなかった。
毎日、昼食も一緒に食べていたし、コミュニケーションは取れているつもりでした。

8: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:13:09.70 ID:HXZzOwsO0
>>4の続き


ただ、久美子が社長になってから業績は下がり続け、14年7月、私は会長のまま社長に復帰します。
正直、会長時代は権限が一切与えられておらず、取締役会で議題を提案するにも「動議」を掛けなければならないような状況。
経営者として40年、動議なんて手法は、この時に初めて知りました。

〈父娘の軋轢は、メディアで散々「親子喧嘩」と囃し立てられてきた。〉

 世間からそう捉えられたのが一番の痛手でした。経営手法の正当性も何も主張できないからです。
それまで親子仲が悪いなんて思ったことは一度もありません。子どもの頃も毎年のように一緒に旅行していたし、仕事場にもよく連れて行ったものです。

 たとえば、投資家向け説明会などに久美子や他の子たちを連れて参加していたし、正月も2日から、一緒に店舗へ挨拶回りをしていたくらい。
79年3月に津田沼ショールームが開店した時は、オープニングセレモニーの日を久美子の11歳の誕生日に合わせ、一緒に祝ったこともありましたね。

10: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:14:04.02 ID:HXZzOwsO0
>>8の続き

私は子どもたちの将来に口を挟んだことはありませんが、久美子は、小さい頃から会社の将来を考えてくれていた。5人の子が成長したら大塚家具を五つの子会社に分割し、
それぞれ受け継がせようと考えていた時期もありましたが、久美子は反対していたのです。「家族みんなで会社を支えていきましょう」って。

 それが今の大塚家具は、私にとって何の魅力も無い会社になってしまいました。
久美子も経営方針を誤ったことは、早々に気がついていたと思います。だって、無借金の会社が倒産するなんて考えられないでしょう。

 でも、周りに抗えず変えたくても変えられない。
プロキシーファイト以降、久美子とはもちろん、向こうについた3人の子たちとも全く連絡が取れない状態が続いている。
私のもとに相談に来てくれれば良かったのに、それもままならない状況だったのでしょう。

 商売を知らない社外取締役や社外監査役など、うわべだけの“ガバナンス”に呑まれてしまったのに、それが評価されて久美子が社長になったのだから皮肉なものです。
親ばかに聞こえるかもしれませんが、あの子は信頼する人間を見誤ったとしか思えない。何故、ああなってしまったのか……。

14: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:15:02.23 ID:HXZzOwsO0
>>10の続き

今でも毎週のように、大塚家具を辞めた社員が匠大塚の門を叩いてくれています。
全員を救ってやることは出来ないかもしれませんが、うちで雇える限りは雇っている。彼らも気を遣ってか、娘の話は口にしませんけれどね。

 久美子たちの健康も心配ですが、ともかく従業員のためにも「匠大塚」を大きくしなければならない。
西武百貨店の跡地を利用した春日部の店舗は、倉庫も兼ねた大型ショールーム。ぜひ足を運んでほしいです。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載


全文ここまで
おしまいける

17: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [US] 2018/09/27(木) 01:19:24.03 ID:aT7TdF2d0
>>14
お疲れ
長いけど一気に読んでしまった
めっちゃまともそうな人なのになんでこの人が追い出されたのか
取締役会の対策してなかったとかか

30: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 01:24:35.65 ID:HXZzOwsO0
>>17
良くも悪くも会社の組織が前時代的だったきらいは否めないな
一線を退いた後の復職でも動議の存在を初めて知ったらしいし
一代で出来た会社だからこそなんだろうなぁ

170: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/09/27(木) 04:12:30.37 ID:M55RH1/W0
>>1
久美子好き。
ぶっちゃけタイプ。

5: 名無しさん@涙目です。(禿) [PH] 2018/09/27(木) 01:12:33.30 ID:FY9KYpCr0
どんまい