臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

2017年12月

偵察衛星
1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2017/12/30(土) 08:54:02.11 ID:KbQkXYJ80 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
北朝鮮の核(水爆)・ミサイル実験でようやく危機を実感した
韓国政府と軍が混乱している。北朝鮮のミサイルに対抗する手立てが、
韓国には全くないことが明らかになったのだ。特に発射の瞬間を捉える
偵察衛星は諸外国に「貸してほしい」とレンタルを依頼したが、全て断られた。
韓国本土防衛の望みは暗い。
韓国では北の核・ミサイル開発に対抗し、防衛システム「キルチェーン」を構築し
本土を防衛することとしていた。韓国版「キルチェーン」とは、北の核・
ミサイル施設に先制攻撃をかけるプランで、ミサイル発射の兆候を偵察衛星で
把握し、発射場所を先制攻撃するもの。韓国空軍の戦闘機KF-16の
地上攻撃能力を向上させるなどの改造費も含まれる大規模な防衛計画だ。
ところが、このキルチェーンの第一歩となる偵察衛星を、韓国は持っていなかった。
中央日報(電子版)などによると、韓国防衛事業庁は8月25日、
レーダー搭載衛星4機と赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を
21年から3年間で打ち上げ運用する計画を発表した。しかし、この計画が
完成する23年までの約6年間は、北のミサイル発射の兆候を探知する手立てがない。
そこで韓国軍は偵察衛星の「レンタル」というアイデアを思いつき、諸外国に打診したのだ。

 その結果は、「貸し借りするという発想は最初から無理だった」
(韓国テレビ局SBS電子版)。韓国軍が打診したイスラエル、ドイツ、
フランスからは、いずれも「貸せない」という通知が9月11日までに届いたという。

http://www.sankei.com/west/news/171229/wst1712290011-n1.html

パクチーサラダ
1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2017/12/30(土) 23:55:04.64 ID:Rugi5ciw0 BE:228348493-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
タイ人がパクチーブームに本音「どうかしてる」…日本のブームでタイ本国が震撼

 30日放送の「トツゲキ!!となりの外国人」(テレビ朝日系)で、パクチーの本場であるタイ出身の人々が、日本のパクチーブームについて本音を語った。

 番組では、日本のパクチーブームについて、日本在住のタイ人にどう感じているのか聞き込み調査をした。

 ムエタイジムコーチの男性は、日本を席巻しているパクチーブームに「日本人は(パクチーを)食べ過ぎ、面白い」と大笑い。
 タイ古式マッサージ店を経営する女性も「パクチー(を多く食べる日本人に)びっくりした!」と爆笑していた。
 派遣社員の女性によれば、タイではあまりパクチーを食べないらしく、日本でいうパセリのような料理の飾りに近いそうだ。

 つまり、タイ人からすると「日本のパクチーブームはどうかしてる」というのが本音らしい。
 中でも理解に苦しむのが「パクチーサラダ」だそう。
 パクチーサラダとは、パクチーの大盛りメニューでインスタ映えの代表格である。
 ところがタイ料理店で話を聞くと、パクチーサラダは「日本人が頼む、だからしょうがない」と、あくまで営業として提供しているとのことで、タイ人の店員はパクチーの香りが苦手だそう。

 また、タイ本国では、ニュース番組で日本のパクチーブームが特集で報じられたそうだ。
 さらに、新聞各社もその事実を伝えるなど、パクチーの本場国を震撼させているとのことだ。

トピックニュース 2017年12月30日 17時20分
http://news.livedoor.com/article/detail/14099411/

post_21858_1
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [PL] 2017/12/28(木) 22:06:35.19 ID:ZCjWV+pO0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
その気分の落ち込み、男性更年期障害の可能性…30代でも患者多数、朝勃ちなしも危険な兆候

http://biz-journal.jp/images/post_21858_1.jpg

近頃、どうも「集中力が落ちた気がする」「やる気が出ない」「イライラしてしまう」「疲れやすくなった」……。
こんな症状に悩まされている男性は、もしかすると「LOH症候群」と呼ばれる男性更年期障害かもしれない。



うつ病と間違いやすく、病院でも気づきにくい?

 男性を襲うLOH症候群は、正確には「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」といい、
男性ホルモンの低下が招く更年期障害の一種だ。

 男性ホルモンの「テストステロン」が低下すると、心身にさまざまな症状が引き起こされる。
そして、このテストステロンは、一般的に加齢とともに減少することから、LOH症候群は「男性更年期障害」とも呼ばれているのだ。


http://biz-journal.jp/2017/12/post_21858.html

このページのトップヘ