臭いニュース

毎日、ぷ~んと臭うニュースを配信します。 @kusai_news

  • Twitter
  • RSS

2018年05月

711b1_456_318f76507c3bf3103fdd1b8226c8f057-m
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/05/20(日) 00:14:50.71 ID:djXb6EeN0 BE:878978753-PLT(12121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
「忖度ジャパン」…W杯代表候補の発表と同時にネットで炎上

 日本サッカー協会は18日、W杯ロシア大会へ向けた国際親善試合のガーナ戦(30日、日産ス)に
臨む日本代表27人を発表した。4月の就任後初めてチームを編成する西野朗監督(63)は、
ともに左足首の負傷を抱えるMF香川真司(29)=ドルトムント=とFW岡崎慎司(32)
=レスター=に加え、バヒド・ハリルホジッチ前監督(66)の下で冷遇されたMF本田圭佑(31)
=パチューカ=をそろって選出。

W杯代表候補の発表と同時にネットでは、「忖度ジャパン」「年功序列ジャパン」などと次々にアップされ
炎上した。27人のうち、この日時点で30歳を超える選手が8人。初招集のサプライズはなく、
所属クラブで出場機会の少ない選手や故障明けの選手もいる。「コンディション最高の選手を呼んでいない」
といった厳しい意見も飛び交った。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20180519/jpn18051905000005-n1.html

img_5afd993281de9
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [BR] 2018/05/19(土) 14:52:40.03 ID:om2K5C4E0 BE:479913954-2BP(1931)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 名古屋市中区錦3のビル9階にある漫画喫茶で客の愛知県尾張旭市井田町3、銀行員、大竹智之さん(35)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された
住所不詳、無職、稲田府見洋(ふみひろ)容疑者(22)は大竹さんに言いがかりをつけて襲い、数分間にわたりフロア内を追い回して頭や背中などを多数回刺していた。愛知県警中署への取材で分かった。
 稲田容疑者は「むかつくことがあり、誰でもいいから刺してやろうと思っていた。ささいな物音でもいらいらして限界にきてやった」と供述しているという。
大竹さんと面識はなく、中署は通り魔的事件とみて容疑を殺人に切り替え、当時の精神状態も含めて詳しい経緯を調べている。
 捜査関係者によると、大竹さんは資格取得に向けた勉強のため漫画喫茶に来ていた。

家族に気を使い、資格の勉強

 殺害された大竹智之さんは、1月に購入したばかりの新居で身重の妻と2歳の長男と3人で暮らしていた。
8月に第2子が生まれる予定で、小、中学校で同級生だった友人の男性(35)は「順風満帆の人生を歩んでいたのに……」と言葉を詰まらせた。
「まじめで正義感の強い性格だった」と振り返り、「事件の一報を聞いたとき、誰かの身代わりになって犠牲になったと思った」と話した。

 男性によると、大竹さんは子育て中の妻や子どもに気を使い、仕事後に資格の勉強をする時は、自宅ではなく漫画喫茶を利用することが多かった。
小学生のころから野球を続け、現在も男性と一緒に地域の草野球チームに所属し、キャッチャーとして中心を担っていた。
試合に長男を連れてきた時、「この子にも野球をやらせたい」と語る笑顔が忘れられないという。
 大竹さんは亡くなったが、チームは20日の練習試合を予定通り行う方針だ。男性は「あいつなら『絶対に試合をしろ』と言うはずだと、みんなで話し合って決めた」と述べ、目に涙を浮かべた。

https://mainichi.jp/articles/20180519/k00/00m/040/052000c

thumb-12239-030298-item
1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/05/19(土) 18:04:40.67 ID:yCOWPaVo0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
「交際中の女性と結婚したい」と言われ激怒の父、息子の両目をくり抜く(パキスタン)

パキスタンのバローチスターン州ナシラバッドにある村で、5月12日に悲劇が起こった。
アブドゥル・バキさん(22歳)は父親ドスト・ムハンマド(70歳)と4人の兄に交際中の女性と結婚したい旨を伝え、
女性の家に婚約の提案をしてもらいたいと願い出た。

ムハンマドはその件に同意した様子を見せていたが、3時間後に態度が急変。バキさんの兄4人と組んで、
バキさんを部屋に閉じ込めた。さらにバキさんをベッドに縛り付け、眼球をくり抜くという冷酷極まりない行為に
出たのだ。ムハンマドは、息子を助け出さないようにと妻を別の部屋に監禁した後、バキさんが泣き叫ぶ中、
片方の目をスプーンでくり抜いた。その時、バキさんは自分の眼窩から目がぶら下がったのを見たという。
その後ムハンマドはナイフで静脈を切断。「もうやめてくれ」と懇願するバキさんを無視し、もう片方の目にも
手をかけたのである。

両目をくり抜かれたバキさんは父親に「殺してくれ」と頼んだが、ムハンマドは冷酷に「村の他の男たちの
見せしめだ」と言い放ったそうだ。近隣住民らがこの騒動を聞きつけ、外出していたバキさんの別の兄
アブドゥル・ガファーさん(24歳)に電話をした。すぐに自宅に戻ったガファーさんは、両目をくり抜かれ
痛みで泣いている弟の姿を目にし衝撃を受けた。バキさんはガファーさんに同州クエッタにある政府運営の
病院へ連れて行かれたが、深刻な事態であることからカラチにあるジナ・ポスト・グラデュエイト・メディカル・センター
(Jinnah Post Graduate Medical Centre)へと急きょ搬送された。そこでバキさんは医師から、もう二度と目が
見えることはないと告げられた。

現在のバキさんは入院中だが、付き添っているガファーさんは「家にはお金がなく、友人や近所の人たちが
35,000パキスタンルピー(約33,000円)を援助してくれました」と話している。警察はこの件を事件とみなし、
ムハンマドと行為に関わった兄2人を逮捕したが、他の2人の兄は逃亡中とのことだ。

家族にとって子供の幸せよりも家柄や名誉を重視するパキスタンでは、このように理不尽な仕打ちがあとを
絶たない。2016年にもパキスタン北部のラホールで、不都合な相手を選んだとして当時18歳の妹を兄が
銃殺するという事件が起こったが、兄は「家族の尊厳を守る名誉殺人だ」と主張していた。

https://news.nifty.com/cms_image/news/item/12239-030298/thumb-12239-030298-item.jpg

https://news.nifty.com/article/item/neta/12239-030298/

このページのトップヘ