スターウォーズ
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [DE] 2017/12/15(金) 07:50:34.80 ID:CSIMnTBh0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
それにしても素晴らしくデキの良い作品だった。演出やタイミングなど、どれも計算されつくした「人を楽しませるための作品」に仕上がっており、特に「ここぞ!」というシーンに最大値の演出を投入してくる計画的なタイミングは秀逸で、エンタメ作品として素晴らしいデキとなっている。

・ファンの心理を理解していない駄作
しかしながら、スターウォーズの新作という視点でレビューするとなれば、酷い駄作としか言いようがない。過去の「スターウォーズ要素」の上辺だけを使用した作品であり、スターウォーズならではのエモーショナルな雰囲気は皆無。表面、外見、見かけだけの内容であり、二度観たいとは思わない。過去のスターウォーズ1~6部を愛したファンの心理を理解していない駄作である。

・大根役者と言わざるを得ない演技
時折入る茶番、スターウォーズらしからぬギャグ、テンポよく進んでいると思えば唐突に入る「ダラダラとした演出」。そして商売のためにムリヤリ登場させたとしか思えない動物(これは客を馬鹿にしているとしか思えなかった)。

(中略)

・上辺だけ見せて「ほら面白いだろ?」
とはいえ誤解しないでほしいのは、筆者は過去作品を美化している懐古主義ではないということ。新作では今までにない展開や演出をどんどん盛り込んでほしいし、それが面白味の進化だとも思っている。しかしながら、スターウォーズらしさを消し去り、上辺だけ見せて「ほら面白いだろ? お前らこれが見たかったんだろ?」という感じで押し付けられても、まったく心に響かない。

(中略)

・こういう悲しい作品は二度と作らないで
登場キャラクターや音楽や舞台設定が過去作品を踏まえていたとしても、それだけでスターウォーズファンが満足するとは思わないでほしい。もちろんこの作品に感動したスターウォーズファンもいるとは思うが、もしメディア関係者がこの作品を褒めていたら利害関係があるんじゃないかと邪推してしまうレベル。最後に何も残らない映画。こういう悲しい作品は二度と作らないでほしい。

執筆: 桃色のガンダルフ

長すぎるので全文は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/star-wars-the-last-jedi-review/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2017/12/star-wars-the-last-jedi-review.jpg
https://youtu.be/DDo3v0jnpIY