dxb_Downtown01w472
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DK] 2017/12/16(土) 21:47:31.04 ID:WXJVsGgW0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 ドバイ政府観光・商務局は12月14日、旅行業者や報道関係者を招いて、2018年以降の方針と戦略を説明した。

 ドバイ政府観光・商務局 日本代表の濱口建氏は、1971年のアラブ首長国連邦(UAE)建国からこれまでの歩みを紹介。
特にこの10年の進歩はめざましく、インバウンドの増加をはじめ、828mで高さ世界一の「バージュ・カリファ(ブルジュ・ハリファ)」が
2010年に開業、EXPO 2020(ドバイ国際博覧会)の開催権を2013年に獲得。ドバイ国際空港の国際旅客数が2016年に
年間8360万人を記録して世界一になり、スカイトラックスによる格付けでエミレーツ航空が2016年にワールド・ベスト・
エアラインを獲得するなど、急速に成熟しているという。

(中略)

 インターナショナル・オペレーションズ シニア・マネージャーのシャハブ・シャヤン(Shahab Shayan)氏は、より具体的な数字を
引用してドバイの現状を解説した。ドバイは世界で最も訪問された都市第4位であり、2016年の訪問者数(宿泊者)は約1490万人。
2016年の1月~10月は約1200万人だったところ、2017年は10月時点で約1287万人となっており、7.25%増加している。このことから、
2017年は約1600万人を達成できる見込みであるという。

 一方、日本からドバイを訪れる人は2016年で約7万人。2017年は約10万人の見込みとしているが、ドバイのインバウンド全体で
見るとトップ10圏外であり、まだまだ伸びしろがあると考えているという。また、5位の中国(約63万人、48%増)、10位のロシア
(約35万人、98%増)が急速に伸びているのはビザの緩和が背景にあるとのこと。

 宿泊施設は、ホテル、アパートメントホテル合わせて674軒、10万6272室と潤沢。ドバイといえば「バージュ・アル・アラブ
(ブルジュ・アル・アラブ)」のような超高級ホテルのイメージが先行して、「ドバイ=富裕層向け」という認識をもたれがちだが、
シャヤン氏は「ドバイはあらゆる層のお客さまを迎え入れる用意がある」として、富裕層向けだけではないことを繰り返しアピールした。
https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1097154.html