伊藤忠商事の新人歓迎会
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2018/01/03(水) 00:33:09.70 ID:4NI+L/ps0● BE:399275318-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
伊藤忠商事の新人歓迎会の儀式 白いふんどし一丁の先輩 1人ずつ先輩の前で、踊りながら飲む

伊藤忠商事、「むしろ脱いでもいいでしょうか?」な人たち

例年5月になると、伊藤忠の独身寮では、恒例の新人歓迎会が行われる。参加経験のある若手社員によると、会場は寮の食堂だが、なぜかブルーシートが敷いてあったという。寮の新人は、まず、あらかじめ用意した芸を披露。「脱ぎ芸」が基本だ。

それを先輩が採点し、点数が悪い新人は、業務用のボールで一気飲み、となる。みなが十分に酔ったところで、「これから伊藤忠の伝統を教えてやる!」と先輩が部屋を出て行く。そして始まるのが「お酒様」という儀式である。

◇「お酒様」は脱ぐのが基本
先輩たちは、「ポンポンポポポン…」と音頭をとりながら、白いふんどし一丁で戻ってくる。

「お前らは、心が濁っている。お前らの濁った心を、これで清める」。そして、清酒の回し飲みが始まる。1人ずつ先輩の前で、踊りながら飲む。「ここらになると、ビニールシートが大活躍します」(若手社員)

これが、伊藤忠伝統の儀式「お酒様」である。先輩の結婚式の披露宴では、寮の同僚や後輩たちによる儀式は欠かせない。ふんどし一丁で「お酒様」を披露するのが基本で、ぜんぶ脱いでしまう者もいるという。

http://livedoor.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/a/b/ab442101.jpg

「こういうことができると、お客さんの心をつかめる。勉強はデキるけど脱げる、というタイプが多い。半分くらいが関西人で、(脱げと言われて脱ぐのではなく自分から)むしろ脱いでいいですか?のノリがあります」(同)

伊藤忠は、5大商社のなかで一番、体育会系の社風といわれる。業界で知られたたとえ話でも、それは明白だ。

激流が流れる河があり、向こう岸に渡りたい場合に、各社はどうするか。

三菱商事は、橋を建設して渡る(財力)。
三井物産なら、ヘリをチャーターする(スマート)。
住友商事ならば、三菱が渡ったあとを通っていく(堅実)。

伊藤忠商事は……みんなで泳いで渡る(気合)。

◇新入社員「16時間拘束も普通」な1日の流れ

伊藤忠の若手は、夜は遅く、朝は早い。新人だと、暗黙の了解で、出社は朝の7時半が当り前だ。 以下は、今回、話を聞いた若手社員の場合の1日である.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。
http://www.mynewsjapan.com/reports/980