img-about-01
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/01/17(水) 23:30:35.93 ID:hTjLsKbd0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
文筆家でありファイナンス修士の勝間和代さん(49歳)が、乗った飛行機が着陸できず仕事をキャンセル事が判明し、大きな注目を集めつつある。

・濃霧のため着陸でき
勝間和代さんは2018年1月17日14時から香川県高松市での仕事を遂行するため、羽田空港から飛行機に乗り高松空港を目指していた。しかし濃霧のため着陸できず、「天候不良により、高松空港に着陸できないので再上昇、様子を見ます」とアナウンスがあったという。

・仕事をキャンセル
しかし最終的に着陸することができず、大阪府の伊丹空港に進路変更。そのまま鉄道で高松市に向かっても仕事の時間に間に合わないことから、仕事をキャンセルすることにしたという。

高松空港は標高185メートルの高台に位置しており、霧が発生しやすい環境とのこと。濃霧に伴い、欠航や折り返しなどの対応がとられることもあるそうだ。そう考えると、なかなかリスクが高い空港といえる。

・空路より陸路での移動が確実
勝間和代さんは「同じ8時に自宅を出ても、新幹線と在来線で、13時前には高松市に着きましたから、どうしても当日に行く場合は、陸路にすべきでした」と語る。用事がある当日、どうしても高松市に行かなくてはならない人は、空路より陸路での移動が確実のようだ。

ちなみに高松市といえば「激ウマすぎるさか枝のうどん」が有名だが、半空のフルーツサンドや七幸のマグロ寿司が人気である。

全画像は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2018/01/17/katsuma-kazuyo-takamatsu/
http://watchnavi.jp/wps/wp-content/uploads/2017/06/a786b25c986c0c01baece36dc9cf02a5-1.jpg