DRVbv3HV4AEc_MN
1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/02/08(木) 01:05:01.87 ID:8e7rMcDd0 BE:226456927-PLT(12522)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
◆金塊の“肛門密輸”が大流行!1回1kgの金を「肛門に入れる練習」に励む韓国女性たち

イギリスのEU離脱やトランプ大統領の強硬な対外政策など、世界経済の不安定な状況を受けて、韓国では安全資産といわれる金の需要が伸びている。
その一方で興味深いのは、金塊の密輸事件が多発していること。
その手法は“肛門密輸”だ。

去る11月14日には、金塊を肛門に入れて密輸しようとした50代の女性が懲役6カ月、執行猶予2年を宣告された。
女性は2015年から昨年までの間、中国から韓国仁川空港へ入国する際に200グラムの金塊5個を肛門に詰め込む手法で、6回にわたって計6キログラム、2億8,000万ウォン(約2,800万円)相当の金塊を密輸。
昨年3〜4月には、同じ手法で金浦空港から羽田空港へ金塊を密輸出したという。

同27日にも、23回にわたって10億7,000万ウォン(約1億700万円)相当の金塊23キログラムを中国から密輸した40代女性が、裁判所から懲役1年、執行猶予2年を言い渡された。
女性は「中国から金塊を密輸すれば手数料がもらえる」という知人の言葉に乗せられ、楕円型の金塊を肛門に入れる手法で犯罪に加担したらしい。

ちなみに1キログラムの金塊を運んだ場合、運び屋が手にするお金は航空料と宿泊費を除いて40〜50万ウォン(約4〜5万円)ほど。
過去には専門の運び屋による大量密輸が多かったが、最近は出入国記録が多くない主婦や失業者など、一般人が運び屋として雇われるケースが多いそうだ。


http://www.cyzo.com/2017/12/post_145708_entry.html