1267742
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/03/16(金) 12:35:57.39 ID:bdJ0Ga/g0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
 先月、長野県女神湖で開催された「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY 氷上・雪上試乗会」に参加した。そこで新型リーフに採用されている「e-Pedal」を体験して腰を抜かしかけた。
運転席からクラッチペダルが消えそうになって久しいが、今度はブレーキペダルすらもなくなる日も近い。そう、ワンペダル時代を予感させるに十分な仕上がりだったのである。

 「e-Pedal」は、アクセルを戻すと、一般的なブレーキングと同等の減速Gを発生する。
回生ブレーキの抵抗に加え、場面によっては機械的なブレーキも作動するのだ。
最大0.2Gだというから、視界の前方に赤信号を確認したその時、そっとブレーキペダルに足を乗せるような制動感が得られる。

 一般的なガソリンエンジンが発するエンジンブレーキのDレンジではそのレベルの減速Gは得られない。わざわざギアダウンさせなければ0.2Gには達しないはずだ。

 EVモデルでも回生ブレーキによる減速フィールはそこまでには達しない。0.2Gを得るにはブレーキペダルに足を添える必要がある。

 予備知識を授かることなく運転を始めたら、思いのほか強い減速感にハッとするかもしれない。慌ててアクセルペダルを踏み直す必要もあるかもしれない。それほど明確な減速Gなのである。

 そう、それをもってワンペダルドライビングである。いちいちブレーキペダルに足を乗せ替えずに、アクセルペダルの操作だけで加速も減速も思い通りなのである。

クラッチの次はブレーキペダルが消える? ドライビングに革命 運転はアクセルペダル1枚で十分!?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000500-fsi-bus_all
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180316-00000500-fsi-000-2-view.jpg