080c3712-s
1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2018/03/17(土) 13:40:33.93 ID:gbcRCm1i0 BE:135853815-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
ネット事業者も「TV」参入しやすく…首相方針

 安倍首相が検討している放送事業の見直し方針が16日、明らかになった。

 インターネットなどの通信業務とテレビ・ラジオ局などの放送業務の垣根をなくし、インターネット事業者が番組制作に参入しやすくする狙いがある。
規制緩和で双方の垣根がなくなることで、放送の質・信頼性や放送局の社会的役割の低下につながるおそれがあり、今後、議論を呼びそうだ。

 政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)がまとめる答申に反映される可能性がある。
検討中の主な内容は〈1〉放送の政治的公平性などを求める規制の撤廃〈2〉番組などのソフト事業と、放送設備などのハード事業の分離の徹底〈3〉NHKによる放送とインターネットの「同時配信」の本格化――が柱。
方針では、「目指すべきゴール」として、「多様なコンテンツ(情報内容)制作事業者が競いながら、良質で魅力的な番組を消費者に提供できる環境の創造」を掲げた。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180316-OYT1T50162.html

首相、批判報道に不満か…民放解体に業界は警戒

 安倍首相が目指す放送事業の見直しは、放送法4条などの規制の撤廃が目玉となる。背景には、首相に対する批判的な報道への不満があるようだ。

 今回の規制緩和は、AbemaTVに代表されるような「放送法の規制がかからないネットテレビ」(首相)などの放送事業への参入を狙ったものだ。
首相は衆院選直前の昨年10月、AbemaTVで1時間にわたり自説を述べた経緯もある。政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない。

 ネット事業者などに放送事業の門戸を開放すれば、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる。
首相の動きに、放送業界は「民放解体を狙うだけでなく、首相を応援してくれる番組を期待しているのでは。政権のおごりだ」と警戒を強めている。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180317-OYT1T50010.html

関連
政治的公平を義務付ける放送法4条撤廃へ マスコミ「ふざけるな」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521079304/
https://daily.c.yimg.jp/society/politics/2018/03/15/Images/11069816.jpg