bc8db80acb5f4db6329f86545752a0a1_s
1: 【東電 68.7 %】 (帝国中央都市) [US] 2018/03/25(日) 23:09:50.04 ID:IE/hRRYu0 BE:416336462-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
フランス南部のスーパーで起きた立てこもり事件で、人質の代わりとなって撃たれた国家憲兵隊の中佐が、搬送先の病院で亡くなる数時間前に結婚していた。仏ル・モンド紙が報じた。
結婚式は集中治療室で行われたという。
23日、モロッコ出身のレドゥアン・ラクディム容疑者(26)が車を襲撃して運転手を殺害、武器を携帯していなかった特殊部隊員を攻撃し、その後フランス南部オード県のスーパーで人質を取って立てこもった。
死亡したアルノー・ベルトラム中佐は現場に駆け付け、人質の身代わりとなった。ベルトラム氏は当局が急襲した際に重傷を負い、24日午前、搬送先の病院で亡くなった。
フランスのマスコミは、ベルトラム氏の行動により数人の命が救われたと報じている。事件では4人が死亡、15人が負傷した。

https://jp.sputniknews.com/europe/201803254712501/