nk4iI

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2018/03/28(水) 19:21:30.76 ID:VIGcPA2T0● BE:472367308-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
人気ラーメン店として絶大な支持を得ている「ラーメン二郎」だが、独特なトッピングの注文方法が人気の秘密となっている。ヤサイ、ニンニク、カラメ(醤油)、アブラなどを増減できるトッピングだが、実はこれ、客が勝手に作ったルールであり、ラーメン二郎が決めたことではなかったのである。

・昔の注文方法は非常にシンプル
ラーメン二郎のトッピングについて「お店が決めたルールでも何でもない」と語るのは、ラーメン二郎目黒店の店主、若林克哉氏。昔の注文方法は非常にシンプルで、大か小か、豚(チャーシュー)やニンニクをいれるかどうかぐらいしか聞いていなかったという。

・ワガママを言う客が出現
しかしながら、客の一部が「ヤサイ増しにしてくれ」「アブラ多めにして」「濃くして」などとワガママを言うようになり、いつしかヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラなどのトッピングがルール化し、さらにマシやマシマシなどの大盛りオーダーも生まれたようである。

・客のオーダー方法が一人歩き
店主によると、その一部客のオーダー方法が一人歩きし、呪文のようなオーダー方法になったというのである。ある意味、トッピングのオーダー方法が呪文のようであるからこそ、ラーメン二郎に行きにくいという人もいるのは確かだが、その呪文が魅力となっているのも事実。

(以下略)

以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2018/03/28/ramen-jiro-mashimashi/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2018/03/ramen-jiro-otakibashi7-1.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2018/03/ramen-jiro-otakibashi3.jpg
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2018/03/ramen-jiro-niigata10.jpg