img_9bc7e2fef9bf0a01fc983caadf02ab69481470
1: しじみ ★ 2018/04/30(月) 17:42:57.27 ID:CAP_USER
【4月30日 AFP】
オーストラリアで個体群の動態研究のために長年観察され、
世界最高齢として知られていた43歳のクモが死んだ。研究者らが30日、発表した。

 生物学誌「Pacific Conservation Biology」に発表された論文によると、
この雌のトタテグモは、それ以前に最高齢とされていたメキシコで発見された28歳のタランチュラよりも大幅に長生きした。
研究者らによると、死因は老衰ではなくスズメバチに刺されたことによるものとみられている。

「ナンバー16」と名付けられたこのクモは、
オーストラリア各地の一般家庭の庭などで観察されるクモ形類の習性について重要情報を明らかにする一助となっていた。

 論文の主執筆者で豪カーティン大学(Curtin University)のリアンダ・メイソン(Leanda Mason)氏は、
「私たちが知る限りでは、これまでに記録された中で最高齢のクモだ。(ナンバー16の)意義深い生涯のおかげで、
トタテグモの習性や個体群の動態についての研究を前進させることができた」と述べている。

 1974年にトタテグモの研究プロジェクトが
ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州セントラルウィートベルト(Central Wheatbelt)地域で開始され、
ナンバー16はこの間に発見され、観察対象となっていた。

 トタテグモの寿命は通常、5~20年とされている。(c)AFP

画像:世界最高齢として知られ、43歳で死んだクモ
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/b/700x460/img_9bc7e2fef9bf0a01fc983caadf02ab69481470.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3173070