PT_P80_81_01180330-thumb-720xauto
1: しじみ ★ 2018/04/30(月) 17:24:19.06 ID:CAP_USER
ロシア人でも外国人でもプーチンに直接、聞きたいことを質問できる。そんな機会が年に一度、訪れる。
電話やメール、映像の生中継、スタジオの観客などから寄せられた100万通以上の質問の一部に、
プーチンが4時間にわたって答えるテレビ番組「プーチンと直接対話」だ。
国営放送などを通じ、国民だけでなく世界中から注目されるこの番組では、
政治や外交のほか大統領のプライベートや、人生観に関わる内容の質問へのプーチンの回答を聞くこともできる。
過去の放送の中から、名場面の一部を紹介しよう。

■ウクライナの裏切り者

ウクライナの親ロ的なビクトル・ヤヌコビッチ政権が、親EU的な市民運動に倒されたのは14年。
同年の「直接対話」では、この事件に関する質問が多く寄せられた。市民の鎮圧に当たった特殊部隊の隊員は、
市民への厳しい取り締まりを認めなかったヤヌコビッチについて
「これまでも、あんなに腰抜けの裏切り者だったのか」とプーチンに質問。
プーチンは質問者を「正直で、プロフェッショナルで、尊敬に値する」と称賛しながら、次のように続けた。

「(ヤヌコビッチの立場からすれば)自らの手で、自らの市民への暴力を認める命令に
サインできなかったのだろう」
(ただし、実際には警察部隊による親EU派市民への暴力は数多く確認されている)

■アラスカを取り戻せ

海底資源が眠る北極の領有権を主張するプーチンの姿勢はアメリカの悩みの種になってきたが、
1867年にロシアからアメリカに売却されたアラスカについては、奪還の動きを心配する必要はなさそうだ。
同地が再びロシアの一部になる可能性について質問されたプーチンは次のように答えた。

「なぜアラスカが必要なんだい?」
「わが国の約70%は北極圏を取り囲んでいる。悩む必要などないだろう?」

■後継者は誰だ

翌年に大統領選を控えた2017年の番組では、後継者の話題も出た。
既に後継者を選んでいるのか聞かれると、明言を避けて次のように答えた。

「まず、私はまだ現役だ」
「次に、それを決めるのは国民だ」

■夫とペット

「ホットライン」で取り上げられるのは、きなくさい話ばかりではない。
あるロシア人女性は、夫婦喧嘩について相談した。
どんなにお願いしても軍人である夫ボリスが犬を買ってくれないので、軍の最高司令官から何か言ってもらえないか、
というのだ。プーチンは、個人的な問題について命令を下すことはできないとしつつ、夫に語りかけた。

「ボリスよ頼む、優しさを見せて犬を飼うのを許してやってくれないか」
「これは優しく、家族の絆を強くする行動だ」


関連ソース画像
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/03/PT_P80_81_01180330-thumb-720xauto.jpg

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/1-69.php

続く)