Myjitsu_051565_415d_2

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/05/18(金) 15:23:08.90 ID:HNqVYqfZ0 BE:932354893-PLT(12931)
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
タイムトラベラーが見せた「3812年の火星」の証拠写真

アメリカでタイムトラベラーが急増している。
写真やサプリメント剤など、未来から現代にやって来たという“証拠”を携えてタイムトラベルしてきた人も出てきているのだ。
今回の女性タイムトラベラーは、現代から3812年にタイムトラベルし、火星の写真を撮って戻って来た。

タイムトラベラーを自称する37歳のメアリーは

「3812年の火星の写真です。
その時代、人間はこの“赤い惑星”を自由に旅行できるようになっています。
火星移住に向けて、ロボットが開発しているところで、砂漠のような何もない荒野にビルが続々と建設されています。
その写真を撮ってきたのです」

と明かす。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Myjitsu/Myjitsu_051565_415d_2.jpg
(C)まいじつ

メアリーが公開した写真を見ると、宇宙船のようなもの、そして数々の建築物が写っている。
火星は別名で“赤い惑星”と呼ばれているが、まさに大地は赤い。

■現代人のメアリーがタイムトラベルできた理由

タイムトラベル技術はいま現在、実現していない。
現代人のはずのメアリーは、なぜタイムトラベルできたのか。
その理由を次のように明かした。

「わたしが20代のとき、“ベンジャミン・フランクリン卿”と名乗る60歳の男性と出会いました。
彼は20代のころから、既存の物理学とはまったく異なる物理法則を使って、タイムトラベルの実験をやっていると話していました。
ある日、その実験室に招かれると、そこにはタイムマシーンがあったのです」

そして、ベンジャミン・フランクリン卿はメアリーに「未来の火星に行ってきて、タイムトラベルできた証拠として、写真を撮ってきてくれないか?」と提案してきたという。

さらに、39世紀の地球には卿の友人のショーンという人物がいて、メアリーにショーンのもとを訪ねるようにとも言っていたそうだ。

メアリーは「

https://myjitsu.jp/archives/51565